チェサピーク&オハイオ運河

SH-48

18世紀末から19世紀始めにかけて、アメリカでも産業革命が起き、その進展のためには物資を生産地から消費地に運ぶ大量輸送システムが必要となりました。このため鉄道がアメリカ全土に敷設されるようになりましたが、それ以前には「運河」がその役割を担っており、全米でおよそ3000マイル(約4800km)以上の運河網が形成されていました。

これらの運河が形成される前、米東部と中央部の間には、ワシントンD.C.あたりから南西方向へ横たわる険しいアパラチア山脈が連なり、この山を越えての大量輸送や西部への移住のためには大きな障害になっていました。

鉄道が普及する以前の話であり、そこで、より速くより遠くへより大量に東西を結ぶ輸送路として、まずポトマック川が注目されました。ワシントンDCの北東へ向かった流れ、ウェスト・ヴァージニア州では東西に流れを変えてアパラチア山脈に至るこの川は、早くから東西を結ぶ水路として注目されていました。

そして、1785年には早くもパトーマック会社(Patowmack Company)という運河会社が設立され、この会社がポトマック川の急流部分を回避するための運河を掘削を始めました。この当時の大統領だったワシントンも、このプロジェクトの重要性を認識し、ポトマック会社の大投資家として名を連ねています。

さらにこれより北側では、五大湖とニューヨークを結ぶ水路であるエリー運河の建設が進められました。しかし、これにより産業が全てこの運河沿いに移動するとの危機感を抱いた人々がおり、彼等は五大湖の南を東西に流れるオハイオ川とバージニア州に湾口を開くチェサピーク湾を結ぶ運河を作ろうと考えました。

そして設立されたのが、「チェサピーク&オハイオ運河会社」であり、この会社は上述の
パトーマック会社の資産を譲り受け、1828年にチェサピーク湾とオハイオ川を結ぶ運河の建設を開始しました。

この工事は、Great National Project(偉大な国家的プロジェクト)とも呼ばれ、予定では工事期間10年、建設費300万ドルを投下し、ワシントンDCのジョージタウンとペンシルベニアのピッツバーグを結ぼうというものでした。

運河は既にポトマック川沿いにあった既存の運河をも利用しながら建設されましたが、オハイオ川に接続するため新たな運河やトンネルも掘られ、支流をまたがる際には運河橋が建設された。写真にあるのがその一つの運河です(場所不明)。

しかし、この時代になると既に鉄道が普及し始めており、建設中の運河と並行に走る「オハイオ・ボルティモア鉄道」の建設が進められたことから資金がこちらへ流れ、このため資金調達、労働争議、疫病の流行などで工事は遅れに遅れました。

建設費と時間の浪費ばかりが進み、1828年に建設が始まってから27年経った1855年に完成したときには、1300万ドルにまで建設費が膨らんでいました。しかも、当初の予定より大幅に短くなり、当初の計画ではピッツバーグまで運河を走らせる予定でしたが、途中のメリーランドのカンバーランドまでしか開通できませんでした。

しかも、オハイオ・ボルティモア鉄道の完成をはじめとする鉄道網の進展は著しく、チェサピーク・オハイオ運河は完成したときには既に時代遅れのものとなっていました。このため、1889年にはついに、チェサピーク・オハイオ運河はライバルのオハイオ・ボルティモア鉄道に買収されるところとなりました。

それでも完成した運河では、アパラチアの石炭や干草などをカンバーランドからジョージタウンまで運び、1924年に運営を終了するまで78年間米国の産業・暮らしを支え続けました。

その総延長は185マイル(300km)に及び、途中75の水門が設置され、すべての閘門の合計で、605フィート(184m)もの高低差を調節しました。

現在でもその閘門の多くが残っており、いくつかの閘門では、既に壊されていた水門管理所なども再建され、公園として使われています。

運河に沿って引き舟道が整備されているところもあり、こうした閘門公園は、今日ではよいバイク、ジョギング、犬の散歩コースとなっているほか、運河跡は水流が安定しているため、カヤックやボートなどの良き練習場にもなっています。

ライトグライダー

2015-3-

着陸直後のライトグライダー1901

世界初の動力式飛行機である、ライトフライヤー号が飛んだのは、1903年12月17日ですが、この有人動力飛行を目指したライト兄弟は、実はこれに先行して3機の「グライダー」を開発していました。

兄弟は動力機開発の前に、まずグライダーでの操縦系統と操縦方法の開発をしようとしており、予備試験機として凧も1機作りました。この「ライトグライダーシリーズ」の開発中に既存の航空力学の知見では不十分であることを悟り、風洞実験を開始しましたが、その実験結果が、生かされた結果がライトフライヤー号の成功にもつながりました。

兄弟が一番最初に製作したのは、翼長たったの1.5mの凧でした。パイロットを乗せるには小さすぎましたが、飛行制御に関する問題を解決する上で不可欠な「たわみ翼」のテストを行うには十分であり、このテストの結果は、グライダーの開発に役立つことになりました。

こうして、1900年に、最初の機体「1900グライダー」が完成します。その最初の飛行試験は、ノースカロライナ州キティホーク近郊のキルデビルヒルズの砂丘地で、1900年10月5日から18日にかけて行われました。

彼等の家は、内陸のオハイオ州デイトンにありましたが、壊れやすい飛行機を安全に着地させるためには、長い砂浜がある大西洋沿岸のこの地が最適と考えたためです。キルデルヒルズには大砂丘があり、ライト兄弟は気象観測のデータを参照してデイトン (オハイオ州)からはるばる遠路旅行してきて飛行実験を行うことにしたのでした。

しかしこのときの試験では、その時間の大半をグライダーとしてではなく凧としてテストを行い、万全を期しました。このため、グライダーの試験は数回しか行われませんでしたが、その結果、たわみ翼による機体の反応は良かったものの、事前に計算していた揚力は得られないことなどがわかりました。

このため、人を乗せて自由に滑空させることができたのは一日だけ、僅か十数回に過ぎなかったと伝えられており、彼らは最後の飛行が終わると着陸地点にそのまま機体を放棄してしました。兄弟は10月23日に当地を去り、放棄された機体の布地は協力者であったキティホークの郵便局長ビル・テイトの娘の服地となったといいます。

その翌年の1901年には二度目の試験が同じキティホークで行われました。前年に引き続き「1901グライダー」と名付けられたこの2番機は、1900グライダーに類似していましたが、翼は大きくなっていました。この年の7月27日に初飛行を行いましたが、見事それに成功します。

以後8月17日に至るまで、凧のテストも加え、50から100回にも及ぶ有人飛行が行われました。しかしこの機体には、パイロットの重さでリブが曲がり、翼型が変化してしまうという問題があり、兄弟は問題の修正を行いました。が、それでもまだ揚力は不足しており、たわみ翼はグライダーを意図した方向と逆の方向に向けてしまうことが何度もありました。

テスト終了後はキルデビルヒルズに自作した格納庫にこのグライダー1901を保管しましたが、後日建物が暴風によって深刻な被害を受けてしまいました。このとき主翼の支柱部分は1902グライダーに再利用できたものの、残りの部分は廃棄するしかありませんでした。

しかしライト兄弟はグライダーの飛行に執念を燃やし、翌1902年にも「1902グライダー」を飛ばしました。3番目の試験機であり、このグライダーでは初めてヨー・コントロール(左右の首振り運動の制御)を採用した機体で、この設計はそのままその後のライトフライヤー号に引き継がれることになります。

その機体の設計は、1901年の年末から1902年の年始にかけて、同じオハイオ州デイトンの自宅で行われましたが、ディテールの造作は自作の風洞を用いた詳細なテストデータを基にして行われました。多くの部品を自宅で自作し、1902年9月にキルデビルヒルズで組み立てが完了します。

そして、9月19日にテストが始まり、それから5週間の間に700回から1,000回の有人飛行テストが行われました。このときの飛行試験の詳細な記録は残されていませんが、テスト中の最長飛行距離は189.7m、飛行時間は26秒であったことがわかっています。

1903年、いよいよ動力飛行機であるライトフライヤー号を飛ばす時が来ます。兄弟はそのテストのためにキルデビルヒルズを再び訪れ、操縦技術を磨くためにまず、前年製作した1902グライダーを格納庫から出して飛行させました。

そしてそれに慣れると、ライトフライヤー号を飛ばしました。歴史的な初の動力飛行は1903年12月17日で、計4回の飛行を行い4回目の飛行では59秒間で260mの飛行をしました。が、その際着陸に失敗し前方の昇降舵が壊れ、その後停止中の機体が強風で転倒して大きく損傷しました。

一方の1902グライダーは、彼らがクリスマスで家に帰る際に再び格納庫に収納されました。その後兄弟は飛行をデイトンのハフマンプレーリーで行うようになったため、次に兄弟がキルデビルヒルズを訪れたのは1908年、改良されたライトフライヤー3号のテストの時でした。

しかし、格納庫は既に崩壊しており中にあったグライダーも破壊されていたといいます。1902グライダーはいくつかレプリカが作られており、1934年にはオーヴィル・ライトの協力を得てアメリカ陸軍航空隊が2機製造しています。このうち1機はライト兄弟メモリアルのビジターセンターに保存され、もう1機は事故により失われています。

また、1980年、熱心なファンの手で1902グライダーの飛行可能なレプリカが作られ、多くの映画やテレビドキュメンタリーに出演、1986年にはオムニマックスにも登場しました。また、ニューヨーク州エルミラのナショナル・ソアリング博物館にも1902と、後述する「1911グライダー」のレプリカが展示されています。

2015-1-飛行するライトグライダー1911

有人動力飛行機、ライトフライヤー号の初飛行成功のあと、ライト兄弟は、既に動力機として完成していた機体からエンジンを撤去してグライダー化をしました。

そして、1911年、弟のオーヴィルは友人のアレク・オグリビーを伴って、この新たなグライダーと共にキルデビルヒルズへやってきました。このグライダーには、昇降舵と言うよりもむしろ現代からの視点で言う所の「従来型の水平尾翼」が装備されていました。

また、パイロットも、旧型のグライダーのようにうつ伏せで架台に横たわるのではなく、座席に座って「手で」操作するスタイルとなっていました。

1911年10月24日、オーヴィルは合成風力65km/hでキルデビルヒル砂丘上空を9分45秒にわたって滑翔、1903年1月に1902グライダーで達成した1分12秒の記録を破ることに成功しグライダーの滞空時間世界記録を樹立しました。

現在、グライダーは実用機として空を飛ぶことはありませんが、エアー・スポーツとして世界中の愛好家に親しまれています。欧米では6月を中心にグライダー競技会が盛んに開かれており、200~1,000km程度の指定コースの平均速度を主に競います。

2年に1度の世界選手権には日本人も出場しているようですが、成績上位者は英仏独に多い。ようです。ドイツにはグライダーパイロットが数万人いるといいますが、本国内では定期的なグライダーの日本選手権は開催されていません。若い世代によるこれからのチャレンジが期待されています。

2015-2-

テキサス~ 竜巻通り

AM-47

テキサス州はそのサイズが大きいことと多くの気候帯が交差する場所にあるために非常に変化しやすい気象です。州西北部のパンハンドル地域の冬は州北部よりも寒く、メキシコ湾岸では温暖です。

降水量についても地域での変化が大きく、州最西端のエル・パソでは年間降水量が年間200 mm にしかならなりませんが、南東部のヒューストンでは1,370 mm)にも達します。

雷雨は特に州東部と北部で多く、テキサス州北部を「竜巻道」が通っています。アメリカ合衆国内でも竜巻の発生回数が多い州であり、年平均139回となっており、竜巻は北部とパンハンドル地域で多く発生しています。年間では春先の4月、5月および6月に発生回数が多くなっています。

写真はテキサス州のどこだかわかりませんが、パンハンドルか、やはりこうしたテキサス州北部の地域でしょう。1936年の3月に撮影されたものです。

さらにテキサス州はハリケーンの来襲も多い州です。アメリカ合衆国史の中でも破壊度の大きいハリケーンが過去に何度もテキサスを襲っています。1875年のハリケーンではメキシコ湾岸インディアノーラで約400人が死亡し、1886年にもう一度インディアノーラを襲ったハリケーンは町全体を破壊し、現在はゴーストタウンになっています。

1900年のガルベストン・ハリケーンでは、ガルベストン市民約8,000人(12,000人の可能性もある)が死亡し、アメリカ合衆国史で最大の自然災害になっています。その他大きな被害を出したハリケーンとしては、1957年に死者600人以上を出したハリケーン・オードリーなどもあります。

このように気候の厳しい場所ですが、実は人口はカリフォルニア州、面積はアラスカ州に次いで全米第2位の州です。「テキサス州は南にメキシコを接しており、ここからの越境者が多いためと考えられます。

「シックス・フラッグス・オーバー・テキサス」という言葉はテキサスを支配したことのある6つの国を表している。テキサスの地域を最初に領有権主張したヨーロッパの国はスペインでした。フランスが短期間の植民地を保持した。続いてメキシコが領有しましたが、1835年に独立してテキサス共和国となりました。

1845年にアメリカ合衆国28番目の州として併合され、それが1846年に米墨戦争を引き起こす一連の出来事となりました。奴隷州だったテキサス州は1861年初期にアメリカ合衆国からの脱退を宣言し、南北戦争の間はアメリカ連合国に加盟していました。戦後は合衆国に復帰したものの、長い経済不況の期間を過ごしています。

南北戦争後のテキサス州を繁栄させた産業は牛の牧畜でした。牧畜業の長い歴史があるためにテキサスはカウボーイのイメージと結び付けられることが多いものですが、1900年代初期に油田が発見されて州の経済が成長し、経済構造が変わりました。

20世紀半ばには大学に大きな投資をしたこともあり、多くのハイテク企業を含む多様な経済に発展した。今日、フォーチュン500に入る企業の数では全米のどの州よりも多くなっています。

各産業は成長を続けており、農業、石油化学、エネルギー、コンピュータと電子工学、宇宙工学およびバイオテクノロジーの分野で先頭を走っている。2002年以来輸出高でも国内をリードしており、州総生産(Gross state product)は国内第2位です。

歴史的にテキサス共和国として独立していた事もあり、テキサスでは州に対して強い愛着を持っている人々が多いようです。現在の州旗になっているテキサス共和国時代の旗は、学校や店、ピックアップトラックのリアウインドウなど、至る所で見かけることができます。また、「NATIVE TEXAN」というステッカーを張り付けている車も見かけることができます。

観光名所というのはあまりありませんが、州南部のサンアントニオは、テキサスの心、「アラモ砦」があります。ここは、元々1700年代にキリスト教の伝道所ミッションとして建てられました。

1836年のテキサス軍とメキシコ軍が戦ったアラモの戦いで舞台になり、テキサス軍がメキシコ軍を圧勝。テキサスはテキサス帝国としてメキシコから独立しました。1845年にテキサス帝国がアメリカ合衆国に合併された後、南北戦争までアメリカ軍の施設として使われ、現在はアメリカの史跡として残されています。

また、サンアントニオは、テキサス第2の都市であり、カリフォルニアがゴールドラッシュで湧いた1800年代後半、東海岸から一攫千金を目指した人々の宿場町となり、栄えました。かつてここがメキシコだった時、テキサス軍が政府と戦い独立を勝ち取ったテキサスの人々にとってとても思い入れのある場所であり、そうした史跡があちこちにあります。

このほか、牛の放牧業が重要な産業の一つであることから牛肉の消費が盛んであり、ステーキ、バーベキュー、ビーフジャーキーなどが大人気です。タコスやブリート、ナチョス、チリコンカーン、フリホレスをはじめとしたテクス・メクス料理は郷土料理の一つです。

テクス・メクス料理専門のレストランもとても多く、州東部の食文化は南部料理との共通点が多く、ルイジアナ州と接する地域はケイジャン料理の影響を受けます。

西海岸までいったら、ぜひテキサスまで足を延ばしてみてください。

バーミングハム ~民権運動の町

PL-54

バーミングハム(Birmingham)はアメリカ南東部にある、アラバマ州の最大都市です。極めて、といっていいほど日本人には馴染のない州なので、どこだか見当がつかない、という人もいるでしょうが、位置的には、フロリダのすぐ左上になります。

写真は、この町におけるメッセンジャーボーイの写真です。きりりとしたまなざしをしており、いかにも機敏そうです。服装からおそらくは、警察関連の仕事をしていたのではないかと考えられます。撮影は1914年、この町の人口が急激に減ったころのものです。

市名はイギリスのバーミンガム市にちなんで名付けられましたが、バーミンハムと呼ばれることのほうが多いようです。

南北戦争が終結して6年後の1871年、鉄道路線が交差する場所に町がつくられたのがはじまりです。しかしその後、アラバマ州では、南北戦争後も、継続する人種差別、農業不況、ワタミゾウムシの蔓延による綿花収量の低下などで、何万人ものアフリカ系アメリカ人が職を求めて北部の工業都市へ移住しました。

これが、グレートマイグレーションと呼ばれるものです。20世紀前半に、製造業の仕事やより良い暮らしを求めてアラバマを離れていき、1910年から1920年のアラバマ州人口成長率は半分近くになりました。

しかしその後、アパラチア山系の豊富な石炭や鉄鉱石を利用し鉄鋼業がさかんになると、田園部の白人や黒人は、新しい工業都市であるバーミングハム市で働くために移住しました。

この結果、バーミングハム市は「魔法の都市」と渾名されるほど人口が急増するとともに、「南部のピッツバーグ」と呼ばれました。しかし、1930年代の大不況では深刻な打撃を受けました。ただ、その後は持ち直し、第二次大戦が始まると、バーミングハムが属する、ジェファーソン郡には軍需産業の拠点が築かれたことから、この町にも再び活気がでました。

戦後は、製造業とサービス産業が隆盛するようになりましたが、片や綿花など換金作物はその重要性を失っていきました。

市民のマジョリティはこの当時から黒人であり、現在でも市人口の70%以上が黒人です。かつてはアメリカで一番人種差別がひどい町とまで言われた。そのため1950年代から1960年代にかけては黒人の公民権運動のひとつ、「バーミングハム運動」の舞台となりました。

バーミングハム運動は、黒人解放運動で高名な、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアと南部キリスト教指導者会議 (SCLC)が組織し展開したもので、この当時アメリカ各地で活発化した公民権運動のひとつです。バーミングハムにおける、主としてアフリカ系アメリカ人に対する不平等を正そうとする運動でもあります。

この運動は1963年春に行なわれ、黒人の若者と白人側の市当局との対立を広く知らしめることになり、最終的には市政府に差別的な法律を変えさせる圧力となりました。キング牧師率いる運動家らは、不公正と考えられる法律に対して、非暴力による直接行動の戦術を用いました。

1960年代初め、バーミングハムは米国でも最も人種分離の激しい都市のひとつで、黒人市民らは暴力による報復と同様に、法的および経済的な格差に直面していました。これに講義したキング牧師は、1963年4月にバーミングハム市警に逮捕され、また同年9月にはクー・クラックス・クランにより教会が爆破され犠牲者が出るようになりました。

このため、全ての人種に雇用機会を与え、公共施設やレストラン、店舗における人種差別を終わらせるという目標のため、企業家に圧力を与える不買運動などのボイコットを行おうと、黒人たちは立ち上がりました。

企業家らがボイコットに抵抗すると、SCLCの運動家ワイアット・ティー・ウォーカーとバーミングハム住人のフレッド・シャトルワース牧師は、Confrontation(対立)の頭文字Cをとって「プロジェクトC」と名付けた一連のシットインとデモ行進を開始し、大量逮捕の誘発を目論みました。

シットインとは、「座り込み」のことで、文字通り座りこむだけの抗議行動です。公道や自治体の施設前などで座り込むことによって、公的機能を麻痺さえるため、大量逮捕につながりやすくなります。

しかし、あまりにもたくさんの運動者が逮捕されたため、これによって運動に参加する大人のボランティアが足りなくなると、SCLCの指導者たちに訓練された高校生、大学生、さらには小学生らがデモ行進に参加し、数百名の逮捕者を出すようになりました。

抗議活動をやめさせるために、ユージーン・”ブル”・コナー署長が率いるバーミングハム警察は、子供たちや無関係の見物人に対しても消防用の高圧放水と警察犬を用いました。これらの出来事を伝えるマスコミ報道によって、南部の人種差別は非常に強く注目されるようになっていきました。

運動で繰り広げられた暴力的なシーンには世界から抗議の声が上がり、ついには、この当時の大統領、ジョン・F・ケネディ政権による連邦政府の介入まで引き起こしました。運動の終結までにキングの名声は高まり、コナーは失職しました。

黒人の一般公共施設の利用を禁止制限した法律、「ジム・クロウ法」を示す標識は取り外され、公共の場所は黒人にとってよりオープンになりました。こうして、多くの犠牲者を出すことなく、効果的に抗議運動を展開できたことで、バーミングハム運動はその後、全米中の直接行動の抗議の手本となっていきました。

さらには、黒人のアメリカ人への不当な扱いにマスコミの注目を引きつけることとなり、運動は人種差別の問題において全国的な力を生み出しました。その後人種差別撤廃が急速に進むことはありませんでしたが、徐々にこうした動きは全米に広まったきっかけとなり、この運動は1964年の公民権法の成立に向けて国を後押しする重要な要因となりました。

Birmingham_panorama

こうして、バーミングハムは、アパラチア山脈の豊富な石炭や鉄鉱石を利用した鉄鋼都市としてますます栄えるようになりました。現在では鉄鋼、金属関連の企業が多く本社を置いており、金属製品製造大手のAmerican Cast Iron Pipe Company (ACIPCO)、 水道管大手のMcWaneなどは特にバーミングハムを代表する大企業です。

また、1970年代~1980年代に、同市の経済は転換期を迎え、医療やバイオケミカルの分野も発展するようになりました。されに現在では、バーミングハムは金融の分野で全米に知られるようになっています。

現在では、アメリカ南東部における最も重要なビジネスセンターの一つであり、同時にアメリカ最大の銀行業の中心地のひとつとして発展しています。銀行業のRegions Financial Corporationを初めとする全米屈指の銀行や保険業者もここに拠点を置くようになっているほか、AT&Tグループに属する電話が会社の拠点もあります。

バーミングハムには、これといって観光の名所というところはありません。が、アラバマはソウル・ミュージック、カントリー・ミュージック、ブルース、ブルーグラスなどルーツ・ミュージックの発展に大きな役割を果たしてきた州であり、州内にはあちこちにそうした音楽関連の施設があるようです。

また、最南部にはモービルの町があり、ここにはメキシコ湾に面したビーチを持っており、この海浜は州経済の大きな収入源です。モービル近郊のガルフコースト一帯は白砂の海岸が広がり、穴場のビーチリゾートにもなっています。

沿岸は新鮮な海の幸が豊富で、シュリンプを始め、クラブ、オイスターなどの料理が名物。映画、「フォレスト・ガンプ」の舞台となったことでも知られ、以後は観光都市として注目を浴びるようになっています。一度お出かけになってみてはいかがでしょうか。

Morning_at_Gulf_State_Park

ビンガムキャニオン鉱山 ~ユタ州

SL-40

写真のビンガムキャニオン鉱山のある、ユタ州は、19世紀後半から、鉱業が盛んであり、多くの会社が職を求める移住者を惹きつけてきました。今日でも鉱業はユタ経済にとって主要産業であり続けています。産出される鉱物は、銅、銀、モリブデン、亜鉛、鉛、ベリリウムなどであり、化石燃料として石炭、石油、天然ガスなども産出されています。

その代表的存在とされるのが、ビンガムキャニオン鉱山であり、ここには、世界最大の露天掘り鉱山です。世界最大といわれる採掘穴もあり、この穴での採掘は、1863年から発掘が始まって以後現在も続けられており、穴もどんどん大きくなっていて、現在直径4キロほどもあるそうです。

1280px-BinghamCanyon

「ユタ」の名は、この地に先住するインディアン部族、にちなみます。ユテ族といい、ユテの意味は、「山の民」です。

286px-Map_of_USA_UT

州都および最大都市はソルトレイクシティであり、州人口およそ280万人の約80%はソルトレイクシティ市を中心とするワサッチフロントと呼ばれる地域に住んでいます。このために州内の大半の地域にはほとんど人が住んでおらず、ユタ州は国内で6番目に都市集中が進んだ州となっています。

前史時代からインディアンが住んでいましたが、ヨーロッパ人によって19世紀後半に始まった探検時代には、ナヴァホ族など5部族のインディアンが住んでいました。

800px-Zion_angels_landing_view

 ユタ州南部のザイオン国立公園、州内には5つの国立公園がある

そこへ、「末日聖徒イエス・キリスト教会」すなわち、モルモン教の信者たちが入植してきました。彼等は当初、教団の創始者、ジョセフ・スミス・ジュニアの指導を受けて五大湖南部のイリノイ州で生活していましたが周辺住民から迫害を受け、信者11,000人以上は、近隣との争いが絶えず、宗祖のジョセフ・スミスも殺害されました。

それを引き継いだのが、教会の大官長ブリガム・ヤングで、ヤングとモルモン開拓者の最初の集団は1847年にソルトレイク・バレーに移住し、その後の22年間、7万人以上の開拓者が平原を横切り、ユタに入ってきました。

1847年に最初の開拓者が到着した時のユタはメキシコ領でした。しかし、1846年から1848年の間にアメリカ合衆国とメキシコ合衆国(墨西哥)の間で勃発し、これは米墨戦争と呼ばれましたが、アメリカが勝利しました。

この結果、現在のアメリカ合衆国南西部がメキシコから委譲され、その中に含まれていたユタは、「ユタ準州」として1850年に創設されました。知事は、無論、指導者のブリガム・ヤングです。ユテ族インディアンに因んで、州名はユタとされ、1856年にはソルトレイクシティ市に準州都が移りました。

BrighamYoung1

 ブリガム・ヤング

市民のほとんどは、当然モルモン教徒でした。彼等がイリノイ州でも嫌われた理由のひとつは、その教会員の中で複婚すなわち一夫多妻制を実行していることであり、このため、準州に昇格したあとも、モルモン教徒と周囲の州、あるいはアメリカ合衆国政府との間に軋轢が絶えませんでした。

モルモン教徒が一夫多妻制を実行しているという話が広まると、彼等は非アメリカ人であり、反逆者と見なされるようになります。1857年、モルモン教徒であった元陪席判事が、職務放棄をするとともに不道徳な行為を行っているという、悪質な告発があったのを受け、時のジェームズ・ブキャナン大統領は、ユタに軍事遠征隊を派遣しました。

この2500人の派兵に対し、教団側はそれに勝る3000人の兵を集め、政府と対決する姿勢を示し、一触即発の事態となりました。

そんな中、1857年9月11日、アメリカ東南部のアーカンソー州からカリフォルニア州を目指し移動していた開拓団がソルトレイク郊外に滞留しました。このとき、これを耳にしたモルモン教徒の中に、この開拓者一行の中に初代教祖を殺害した者がいるというデマが流れました。

このため、教団の一部の急進派が武装蜂起し、この開拓民を襲撃して虐殺しました。これが世に言う「マウンテンメドウの虐殺」と呼ばれるものです。彼等は、この武装集団の指導者、ジョン・D・リーという人物の指令のまま、7歳以下の18人の子供を除く、約120人の男性、女性、およびティーンエイジャーのすべてを殺害しました。

大統領の命により派遣されてきていたアメリカ陸軍はこれをうけて、教団に対して攻撃を開始、戦闘状態に陥りましたが、この交戦を「ユタ戦争」と呼びます。政府軍とモルモン軍との戦争は、モルモン軍が政府軍の物資基地を焼き討ちにすることに成功し、彼等に有利に動きました。

このため、政府軍は冬の到来とともに11月には北東のワイオミングに撤退を余儀なくされます。その後も戦意が下がる一方の政府軍でしたが、そんな中、首都ワシントンでは、非モルモン教徒で、指導者のヤングにもコネクションを持つトーマス・ケインという人物が和平交渉を買って出ました。

紛争の長期化を恐れていた、ブキャナン大統領は、この申し出を渡りに船とばかりに喜び、彼をユタ準州との仲介者に立てることを了承します。

こうして、1858年の2月にケインがソルトレークに到着し、ヤング知事らとの交渉の末、秋には和平が成立しました。事後処理としては、政府はモルモン教徒を処罰しない、その代わりに政府はユタを占拠しない、そして、ヤングに代わり政府からの知事を受け入れるといったことが決まりました。

こうして、戦争は終結したものの、連邦政府によりマウンテンメドウの虐殺の徹底解明と責任が問題として残されました。虐殺の主導者、ジョン・リーは、長らく教団に匿われていましたが、教団と政府の和解が進む中、全ての責任を負わされる形で逮捕され、虐殺事件の発生地で銃殺刑にされました。

また、教団側は、その後連邦政府との軋轢の解消に努めるようになり、およそ30年後の1890年には、軋轢の主因となっていた一夫多妻制を自主的に中断しました。

ユタ戦争の終結後、ブリガム・ヤングに代わってアルフレッド・カミングが準州知事に就任し、ヤングは準州政府の実権をカミングに渡しました。が、その後もヤングが準州の実権を持ち続けたといわれています。大統領が指名した知事が辞任することが続き、これが準州政府の伝統になっていきました。

その後、南北戦争が始まり、1861年には連邦政府軍がユタ準州内から撤退する、という事態も発生しましたが、翌年には、北軍将軍であるパトリック・コナーがカリフォルニアの志願兵連隊を率いて到着しました。

コナーは、非モルモン教徒を準州内に誘致することを奨励しましたが、こうして入植してきた移民が、準州内のトゥーイル郡で鉱物が発見しため、他州から多数の坑夫達が集まり始めました。

1869年には、グレートソルト湖の北、プロモントリー・サミットで最初の大陸横断鉄道が開通し、この鉄道開通によって次第に州内に入る移民の数はさらに増え、そのうちの一部は影響力ある事業家となり、資産を築くようになりました。

1870年代と1880年代に一夫多妻制を違法とする法律が成立し、モルモン教会は1890年の綱領で一夫多妻を禁止しました。これを受けて、ユタが州昇格を連邦政府に申請したところ、これが認められましたが、このとき州昇格を認める条件の1つとして、州憲法に一夫多妻制の禁止が盛り込まれました。州昇格は1896年1月4日に正式のものとなりました。

その後のユタ州は、平和のまま推移しました。1953年、ネバダ州にあるネバダ核実験場においてなされた核兵器の核実験による「死の灰」が、南部のセントジョージ市などに到達し多数の住民が被曝する、という事件などがありましたが、1978年よりサンダンス映画祭が毎年にパークシティにおいて開催されるようになるなど、文化的な活動も増えました。

20世紀の初期から州内にブライスキャニオン国立公園やザイオン国立公園などの国立公園が設立され、ユタ州は自然の景観美で知られるようになり、観光客も増えました。1950年代、1960年代、1970年代と州間高速道路が整備され、とくに州南部の景観が良い地域へアクセスしやすくなりました。

1939年にアルタ・スキー場が開設されてからは、世界でも名高いスキー・リゾートとなり、ワサッチ山脈の乾燥しパウダー状の雪は世界でも最もスキーに適していると考えられています。ユタ州の車のナンバープレートには、「地球上でも最も偉大な雪」という表示があります。

1280px-02162008_Interstate80NWUtah

冬季のグレートソルト湖

こうした全米でも有数の冬季のリゾート地という評価を受けるようになった結果、ソルトレイクシティ市は1995年に2002年冬季オリンピック開催地に選ばれ、この大会は地域経済に大きな好況をもたらしました。スキー場の人気が高まり、オリンピックに使われたワサッチフロントに散らばる多くの会場は、現在でもスポーツイベントに使われています。

さらにこのオリンピックは、UTA TRAXと呼ばれる軽鉄道(ライト・レール)が、ソルトレイク・バレー内に造られ、これは市周辺の高規格道路の再整備に繋がりました。

20世紀後半にユタ州は急速に成長し、今日でも州内のあちこちで、人口増加が起こっています。全米でも成長率の高い州です。ただ、開発のために農業用地や原生地がなくなっていくので、交通と都市集中が大きな悩みのタネとなっているようです。

1280px-Salt_Lake_LDS_Temple

 モルモン教のソルトレイク神殿、主要な観光地となっている