バーミングハム ~民権運動の町

PL-54

バーミングハム(Birmingham)はアメリカ南東部にある、アラバマ州の最大都市です。極めて、といっていいほど日本人には馴染のない州なので、どこだか見当がつかない、という人もいるでしょうが、位置的には、フロリダのすぐ左上になります。

写真は、この町におけるメッセンジャーボーイの写真です。きりりとしたまなざしをしており、いかにも機敏そうです。服装からおそらくは、警察関連の仕事をしていたのではないかと考えられます。撮影は1914年、この町の人口が急激に減ったころのものです。

市名はイギリスのバーミンガム市にちなんで名付けられましたが、バーミンハムと呼ばれることのほうが多いようです。

南北戦争が終結して6年後の1871年、鉄道路線が交差する場所に町がつくられたのがはじまりです。しかしその後、アラバマ州では、南北戦争後も、継続する人種差別、農業不況、ワタミゾウムシの蔓延による綿花収量の低下などで、何万人ものアフリカ系アメリカ人が職を求めて北部の工業都市へ移住しました。

これが、グレートマイグレーションと呼ばれるものです。20世紀前半に、製造業の仕事やより良い暮らしを求めてアラバマを離れていき、1910年から1920年のアラバマ州人口成長率は半分近くになりました。

しかしその後、アパラチア山系の豊富な石炭や鉄鉱石を利用し鉄鋼業がさかんになると、田園部の白人や黒人は、新しい工業都市であるバーミングハム市で働くために移住しました。

この結果、バーミングハム市は「魔法の都市」と渾名されるほど人口が急増するとともに、「南部のピッツバーグ」と呼ばれました。しかし、1930年代の大不況では深刻な打撃を受けました。ただ、その後は持ち直し、第二次大戦が始まると、バーミングハムが属する、ジェファーソン郡には軍需産業の拠点が築かれたことから、この町にも再び活気がでました。

戦後は、製造業とサービス産業が隆盛するようになりましたが、片や綿花など換金作物はその重要性を失っていきました。

市民のマジョリティはこの当時から黒人であり、現在でも市人口の70%以上が黒人です。かつてはアメリカで一番人種差別がひどい町とまで言われた。そのため1950年代から1960年代にかけては黒人の公民権運動のひとつ、「バーミングハム運動」の舞台となりました。

バーミングハム運動は、黒人解放運動で高名な、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアと南部キリスト教指導者会議 (SCLC)が組織し展開したもので、この当時アメリカ各地で活発化した公民権運動のひとつです。バーミングハムにおける、主としてアフリカ系アメリカ人に対する不平等を正そうとする運動でもあります。

この運動は1963年春に行なわれ、黒人の若者と白人側の市当局との対立を広く知らしめることになり、最終的には市政府に差別的な法律を変えさせる圧力となりました。キング牧師率いる運動家らは、不公正と考えられる法律に対して、非暴力による直接行動の戦術を用いました。

1960年代初め、バーミングハムは米国でも最も人種分離の激しい都市のひとつで、黒人市民らは暴力による報復と同様に、法的および経済的な格差に直面していました。これに講義したキング牧師は、1963年4月にバーミングハム市警に逮捕され、また同年9月にはクー・クラックス・クランにより教会が爆破され犠牲者が出るようになりました。

このため、全ての人種に雇用機会を与え、公共施設やレストラン、店舗における人種差別を終わらせるという目標のため、企業家に圧力を与える不買運動などのボイコットを行おうと、黒人たちは立ち上がりました。

企業家らがボイコットに抵抗すると、SCLCの運動家ワイアット・ティー・ウォーカーとバーミングハム住人のフレッド・シャトルワース牧師は、Confrontation(対立)の頭文字Cをとって「プロジェクトC」と名付けた一連のシットインとデモ行進を開始し、大量逮捕の誘発を目論みました。

シットインとは、「座り込み」のことで、文字通り座りこむだけの抗議行動です。公道や自治体の施設前などで座り込むことによって、公的機能を麻痺さえるため、大量逮捕につながりやすくなります。

しかし、あまりにもたくさんの運動者が逮捕されたため、これによって運動に参加する大人のボランティアが足りなくなると、SCLCの指導者たちに訓練された高校生、大学生、さらには小学生らがデモ行進に参加し、数百名の逮捕者を出すようになりました。

抗議活動をやめさせるために、ユージーン・”ブル”・コナー署長が率いるバーミングハム警察は、子供たちや無関係の見物人に対しても消防用の高圧放水と警察犬を用いました。これらの出来事を伝えるマスコミ報道によって、南部の人種差別は非常に強く注目されるようになっていきました。

運動で繰り広げられた暴力的なシーンには世界から抗議の声が上がり、ついには、この当時の大統領、ジョン・F・ケネディ政権による連邦政府の介入まで引き起こしました。運動の終結までにキングの名声は高まり、コナーは失職しました。

黒人の一般公共施設の利用を禁止制限した法律、「ジム・クロウ法」を示す標識は取り外され、公共の場所は黒人にとってよりオープンになりました。こうして、多くの犠牲者を出すことなく、効果的に抗議運動を展開できたことで、バーミングハム運動はその後、全米中の直接行動の抗議の手本となっていきました。

さらには、黒人のアメリカ人への不当な扱いにマスコミの注目を引きつけることとなり、運動は人種差別の問題において全国的な力を生み出しました。その後人種差別撤廃が急速に進むことはありませんでしたが、徐々にこうした動きは全米に広まったきっかけとなり、この運動は1964年の公民権法の成立に向けて国を後押しする重要な要因となりました。

Birmingham_panorama

こうして、バーミングハムは、アパラチア山脈の豊富な石炭や鉄鉱石を利用した鉄鋼都市としてますます栄えるようになりました。現在では鉄鋼、金属関連の企業が多く本社を置いており、金属製品製造大手のAmerican Cast Iron Pipe Company (ACIPCO)、 水道管大手のMcWaneなどは特にバーミングハムを代表する大企業です。

また、1970年代~1980年代に、同市の経済は転換期を迎え、医療やバイオケミカルの分野も発展するようになりました。されに現在では、バーミングハムは金融の分野で全米に知られるようになっています。

現在では、アメリカ南東部における最も重要なビジネスセンターの一つであり、同時にアメリカ最大の銀行業の中心地のひとつとして発展しています。銀行業のRegions Financial Corporationを初めとする全米屈指の銀行や保険業者もここに拠点を置くようになっているほか、AT&Tグループに属する電話が会社の拠点もあります。

バーミングハムには、これといって観光の名所というところはありません。が、アラバマはソウル・ミュージック、カントリー・ミュージック、ブルース、ブルーグラスなどルーツ・ミュージックの発展に大きな役割を果たしてきた州であり、州内にはあちこちにそうした音楽関連の施設があるようです。

また、最南部にはモービルの町があり、ここにはメキシコ湾に面したビーチを持っており、この海浜は州経済の大きな収入源です。モービル近郊のガルフコースト一帯は白砂の海岸が広がり、穴場のビーチリゾートにもなっています。

沿岸は新鮮な海の幸が豊富で、シュリンプを始め、クラブ、オイスターなどの料理が名物。映画、「フォレスト・ガンプ」の舞台となったことでも知られ、以後は観光都市として注目を浴びるようになっています。一度お出かけになってみてはいかがでしょうか。

Morning_at_Gulf_State_Park

コメントは受け付けていません。