狩野城

先日、蛭ヶ小島へ行った帰り、ふと思い立って、こちらも気になっていた、「狩野城」の城跡へ行ってきました。伊豆市役所から136号線を南下して、3kmほど行った山間にあり、狩野川からは1kmほどのところです。場所としては、本柿木というところにあることから、古くは本柿木城とも呼ばれたとか。この地が、狩野一族の発祥地とされています。

狩野城は、西暦1100年前後の平安時代に狩野氏の始祖、狩野維景により造られたと考えられています。250年の間狩野氏はこの城を本拠地に中伊豆地方に勢力を振いました。維景から数えて5代目の狩野茂光は「保元の乱」に、源頼朝のお父さん、源義朝の助っ人として加勢しており、以後、一族は源氏に重く用いられました。狩野氏は源氏の興隆と共に栄え、執権北条氏の時代とその後の室町時代まで生き続けますが、伊勢新九郎(北条早雲)によって攻撃され、1497年に敗れて狩野城を開城。その後、北条氏に仕えるようになりますが、小田原に移封された後、豊臣家との戦いに敗れ、北条氏とともに滅亡しています。

以下、もう少し詳しく、狩野氏の盛衰について、記述していこうと思います。

藤原鎌足の十代あとの孫、藤原為憲は940年(天慶3年)、平将門の乱に討伐の功があり、賞せられて駿河守に任じられました。その孫の維景は任を辞して、狩野郷日向堀内(現伊豆市日向、市役所より2kmほど南)に来住し、初めて狩野を姓としました。これが、1050年ごろだとされています。

ところが、日向は地勢平坦で要害に乏しいこと場所だったので、その後、現在狩野城史跡のある本柿木城山の地を選んで城砦を築き、堀を廻らし、天嶮の地形を巧みに利用しここに移り住みました。

維景の子、維職の時代には、伊豆押領使に補せられ、勢力は狩野、伊東、宇佐美、河津の各所から、伊豆諸島にまで及びました。

その頃、源為朝という男が、鎮西を名目に九州で暴れ、鎮西八郎と称していました。保元の乱では父・為義とともに崇徳上皇方に属して奮戦するのですが、敗れてしまい、伊豆大島へ流されます。しかし、そこでも暴れて国司に従わず、伊豆諸島を事実上支配するようになったので、ついに業を煮やした後白河上皇が追討命令を出しました。

これに応じたのが狩野家の5代目、狩野介茂光。茂光は、近隣の武将(伊東、北条、宇佐美、加藤、新田、天野など)を従え、この為朝征伐に出向きます。激戦の末、為朝は破れ、自害します(1177年)が、このときの切腹が、史上最初の例なのだそうです。

この為朝征伐は、狩野介茂光の名前を天下に轟かせ、伊豆における狩野氏の存在を不動のものにしました。全国に八家しかない「介」という称号を用いていたことからも伊豆及び伊豆諸島のことごとくを領地として治めていた狩野氏の権力が絶大であったことがわかります。

それから3年後の、1180年。昨日お話したように、伊豆韮山の蛭ヶ小島に流されていた源義朝の子頼朝が、源氏再興を願い、山木判官兼隆を襲撃、ここに平氏追討の火ぶたが切って落とされます。茂光もこれに加勢し、ともに戦うことに意を決します。それから、六日後、頼朝征伐に平氏の軍勢三千騎が出向き、石橋山(神奈川県小田原市)で戦闘が始まりました。

ところが、この初戦で頼朝は負けてしまいます。自身は船で房州へ逃げ延び、共に戦った狩野茂光は戦死してしまいます。しかし、その後、頼朝は関東の武将を集め軍団を建て直し、富士川の戦い、一ノ谷の戦い、屋島の戦い、壇ノ浦の戦いに平氏を破り、奥州の藤原氏を倒して全国を支配、1192年鎌倉幕府を開きました。

頼朝に信頼されていた狩野一族は、その後も源氏に組みしていきます。茂光の子の、狩野宗茂は、一ノ谷戦いで捕虜にした平氏の総大将、平重衡を頼朝に請われて預かっています。頼朝が、いかに狩野氏を信頼していたかという証です。その後も、狩野氏武将は頼朝に従って各地に転戦し、武功をたて重く用いられました。茂光の子、親光は奥州藤原氏攻めの総大将として参戦しているものの戦死しています。しかし、親光の子、親成(狩野家七代にあたる)が引き続き、鎌倉幕府に仕え、以後、狩野城を拡充しつつ、伊豆中部に勢力を張っていくようになります。

以後、鎌倉時代、室町時代と、狩野氏一族は伊豆の領主として君臨し、始祖の維景から数えると、約450年余りにわたり、その繁栄を築くことになりました。しかし、1497年(明応6年)、伊勢新九郎(後の北条早雲)によって本拠である狩野城を明け渡すことになります。1491年(延徳3年)、伊勢新九郎(北条早雲)は伊豆を侵略し、狩野軍は敗れ開城。狩野一族を攻め、伊豆下田の関戸吉信を滅ぼし伊豆を平定した北条は小田原城を本拠地として関東一円に勢力を伸ばすようになるのです。

この、伊勢新九郎こと、北条早雲のことについて、少し詳し書きます。

伊勢新九郎は、駿河の国の今川家に取り入って、姻戚関係となり、徐々に今川家の武将としての地位を向上させた人です。もとはただの素浪人だったといいますが、最後には駿河の室町幕府の将軍家、足利家の内紛に乗じて伊豆で基盤を築き、徐々に伊豆だけでなく、関東一円に足場を築いていった武将です。1495年には大森氏から小田原城を奪って本拠地を移し、1516年には、三浦半島の新井城で三浦義同を滅ぼして、相模国(現在の神奈川県)全土を征服するようになり、戦国時代における関東地方最大の勢力にまでのし上がります。

この伊勢新九郎、のちに北条氏を名乗るようになりますが、代々鎌倉幕府の執権をつとめた北条氏の後裔ではないことから、後代の史家が両者を区別するため伊勢平氏の北条氏には「後」をつけて「後北条氏」と呼ぶようになったといいます。また居城のあった小田原の地名から小田原北条氏とも呼ばれるそうです。

この、北条早雲が、伊豆を領地とするようになったいきさつをもう少し詳しく書くと、以下のようになります。

ことの発端は、1483年に起こった享徳の乱といわれる争いです。室町幕府の8代将軍、足利義政の時に起こったこの内乱は、鎌倉の政府出先機関の長官(鎌倉公方)、足利成氏がその補佐役(関東管領)の上杉憲忠を暗殺した事に端を発し、両家だけでなく、幕府も巻き込んだ争いが、関東地方一円に拡大します。この騒動が、のちの戦国時代の幕開けの遠因になります。

享徳の乱では、幕府は、関東管領の上杉氏に有利な裁定を下しますが、これに対して足利成氏は反発し、更なる武力行動に出ようとします。しかし、将軍の命を受けた駿河の国の今川氏が成氏の本拠の鎌倉を攻めて占領。成氏はいったん、古河城(現茨城県古河市)まで逃れますが、その後も関東管領上杉氏と激しく戦い、徐々に勢力を盛り返し、鎌倉を奪還。

このころ、北条早雲は、そのお姉さんの北川殿と今川家当主の今川義忠が結婚したことで、今川氏とは姻戚関係になっており、このころから、今川家の武将として活躍するようになっていきます。

将軍義政は成氏に代る鎌倉公方として異母兄の「政知」を送りこむのですがが、成氏方の力が強く、鎌倉に入ることもできず、伊豆の北条氏宅を本拠にするようになります。やがてそのまま居座り、事実上伊豆を支配する代官として、韮山に居を構え、堀越公方と呼ばれるようになります。ところが、1483年(文明14年)に、成氏と上杉氏との和睦が成立。政知の存在は宙に浮いてしまい、室町幕府の一介の出先機関、韮山堀越御所の主として、伊豆一国のみを支配する存在となってしまうのです。

この政知には茶々丸という息子がいましたが、正室円の満院との間には、潤童子と清晃という二人の子をもうけていました。清晃は出家して京にいたのですが、政知は勢力挽回のためにこの清晃を将軍に擁立しようと図っていました。

しかし、政知は1491年(延徳3年)に死んでしまいます。すると、その子のひとり、茶々丸がお母さんの円満院と潤童子を殺害して強引に跡目を継ぐという事件をひき起こします。

そして、次の事件がおこります。1493年(明応2年)、このころの関東管領で、事実上の最高実力者、「細川政元」が10代将軍義の材(後に義稙)を追放してしまうのです。世にいう、明応の政変です。細川政元は、政知のもうひとりの息子、清晃を室町将軍に擁立し、清晃は還俗して足利義遐を名乗る(後に義澄)ようになります。

こうして、権力の座についた、義遐にようやく母と兄を殺した茶々丸を討つチャンスが訪れます。そして、その敵討ちを、そのころ、今川家の有力武将になっていた、北条早雲へ命じるのです。伊豆の国への進出を狙っていた早雲は、早速この命を受けます。公に伊豆へ侵攻するとための、大義名分を得たわけです。そして、伊豆韮山の堀越御所の主である、茶々丸への攻撃を開始します。この事件は「伊豆討入り」というのだそうで、ここに、東国における戦国時代が始まったといわれています。

後世の軍記物には、この伊豆討入りに際して、早雲が修善寺に湯治と称して自ら密偵となり伊豆の世情を調べたという伝承があるそうです。早雲の手勢200人と今川氏親(義忠と北川殿の息子、早雲の甥にあたる)に頼んで借りた300人の合わせて500人が、10艘の船に乗って清水浦(清水港)を出港。駿河湾を渡って西伊豆の海岸に上陸すると、一挙に堀越御所を急襲して火を放ちます。茶々丸は山中に逃げますが、最後には自害に追い込まれてその一生を終えます。

こうして、早雲は伊豆国の韮山城(現伊豆の国市)を新たな居城として、伊豆国の統治を始めます。その統治は、平民には優しいものだったそうで、兵の乱暴狼藉を厳重に禁止し、病人を看護するなど善政を施たため、茶々丸の悪政に苦しんでいた伊豆の武士や領民はたちまち早雲に従ったそうです。

しかし、堀越御所を奪還したとはいえ、まだ伊豆には狩野家や、伊東家、宇佐美家、関戸家などの有力武将が君臨していました。

冒頭でも述べたように、狩野家は元をたどれば、藤原家の分流として平安時代から伊豆に土着した貴族出身の武士です。狩野家と伊東家、宇佐美家は同族であり、関東を実質的に支配する上杉氏との関係を強めながら、このころ、早雲・今川連合と激しいつばぜり合いを続けていました。

ところが、堀越御所騒動のあった、明応2年には、早くも宇佐美氏が早雲に滅ぼされ、その2年後の1495年(明応4年)には、伊東家が狩野氏を裏切り、早雲側に降ることを決断します。それでも、伊豆出身の武士のなかでの盟主を自称する狩野一族は、その誇りをかけて頑強に早雲軍に抵抗を続けます。

早雲は、狩野家の本拠地である狩野城(別名柿木城)や修善寺の柏窪城を攻めますが、なかなか狩野氏を降伏させるには至りません。その後も何度か狩野家と早雲との激闘がありますが、現在の伊豆市から伊東にかけて繰り広げられた数多くの戦闘にようやく決着がついたのは1497年(明応6年)の12月ごろだそうです。4年の間、修善寺から伊東辺で繰り広げられた一進一退の攻防戦に力尽き、狩野家当主の狩野道一は自刃して果て、狩野城が陥落してついに長い闘いが終了します。

さらに早雲は、翌年の1498年(明応7年)に、伊豆における最後の抵抗勢力、関戸吉信の深根城(下田市)を落とします。こうして5年がかりの北条早雲の伊豆平定がようやく終わりをつげるのです。

狩野城は落城しましたが、この後、狩野氏は滅亡したのではなく、早雲の温情を受け、一族は小田原へ移封(国替え)されます。このあたりの経緯はよくわからないのですが、伊豆の民からその善政をもって歓迎されていた早雲のことですから、最後まで誇りを捨てずに戦った狩野一族を、敵ながらあっぱれと思ったのではないかと私は推測します。

その後の狩野一族ですが、1534年(天文3年)には狩野左衛門尉という人が、北条氏に仕え、鎌倉の鶴岡八幡宮の「鶴岡惣奉行衆」という大役につき、1550年(天文19年)頃までには、一族郎党全員の小田原城下移住が完了したようです。

そしてその後、40年あまりにわたって、北条氏を支える重要な一派となっていきます。1559年に編集された、「小田原衆所領役帳」という北条氏の記録には、多くの狩野氏一族の名前が記載されているそうです。このほか、1582年に北条氏の北関東への進出にともないはその一族が上野の国の津久田城、長井城の城番に抜擢されるなど、次第に北条氏の中でも重要な役を担うようになっていったことがうかがわれます。

しかし、安土桃山時代の1590年、北条氏が豊臣郡との戦いで敗れ降伏するとともに、狩野家も降伏。戦国武将としての狩野家はここで歴史から消え去っていきます。

ところが、これにさかのぼることおよそ150年ほど前の、1434年(永享6年)。狩野家の一族に狩野景信という人が誕生していました。絵師として名をはせた日本画の主流、狩野派の元祖といわれる人です。狩野景信は、時の将軍、足利義教に見出され京に上り、画壇にさっそうと登場。将軍の前で富士の絵を描いたといいます。その子元信は画界に狩野派と称する流派を打ち立て、その後も日本の画壇において一世を風靡するようになります。

その後も、室町幕府の御用絵師となった狩野正信を祖として、元信・永徳・山楽・探幽・・・など名前を挙げきれないほどの多くの名人を輩出しており、江戸時代まで、約4世紀にわたって日本の画壇をリードし、そこから多くの画家が育っていきました。近世以降も日本の画家の多くが狩野派の影響を受け、狩野派の影響から出発したということで、琳派の尾形光琳、写生派の円山応挙なども初期には狩野派に学んでいるそうです。

武士としての狩野家は途絶えましたが、その一族の血は、その絢爛たる画風と共に、今に輝いているのです。

…… 今日は、今日も、ですが、歴史シリーズになってしまいました。いっそのことですから、今週は全部歴史ものにしようかな、などと考えています。みなさんのご興味が続けばいいのですが……