清盛と時政


昨日の低気圧の通過に伴って雨が降り、明けた今日は晴天です。窓から見える富士山は、5合目から上が真っ白にお化粧され、本格的に「冬の富士」になってきました。

昨夜NHKの大河ドラマ、「平清盛」を貯め撮りしていた先週のものも合わせて二回分をみましたが、この物語もそろそろクライマックスに近づいてきました。

しかし、いまひとつ盛り上がらないな~と思い、視聴率が気になったので調べてみると、案の定、どのリサーチ結果も10%を大きく割り込み、平均7~8%くらいということ。歴代の大河ドラマの中でも一番低いくらいのようです。

確かに、保元・治の乱のあとは、「宮中ドラマ」仕立てになっていて、毎回、平家と宮廷の権力争いに終始しているその内容は親しみにくく、また登場人物の名前を覚えるだけでもたいへんといった人も多いのではないでしょうか。

私自身が一番気になっているのは、キャストがあまりにもイメージと違う点。主演に松山ケンイチさんを採用した理由は、やはり最近の人気にあやかってのことでしょう。なんとか番組を成功させたいというスタッフの気持ちもわからないではありません。

が、私自身は、清盛といえばやはりしたたかな政治家といった印象が強く、一番イメージに近いのは、やはり京都六波羅蜜寺の「清盛坐像」でしょうか。学校の美術や歴史の教科書にも出てくるのでみたことがある方も多いかと思いますが、巻物を手にしながら、鋭く一点を見つめるその表情は怜悧そのもので、緻密な計算ができる策謀家といったかんじ。

こういう人が上司にいたら、部下はギロッとにらまれるだけですくみ上るだろうなというような、なんというか凄みがあります。

若干脱線させていただくと、六波羅蜜寺といえば、あの空也上人が口から仏像を掃きだす立像があるお寺でも知られ、このお寺の創設もこの空也上人によるものです。

その開創は951年(天暦5年)といわれますが、当初は西光寺と呼ばれていました。空也の死後、977年に比叡山の僧・中信が中興して天台別院とし、六波羅蜜寺と改称するようになります。

平安時代の末期には末に、平清盛のお父さんの忠盛がこの寺に軍勢を止めて休めたのを機縁に、清盛の代になってからは広大な境域内には権勢を誇る平家一門の邸館が建てられるようになり、一時はその数5200余りに及んだといいます。

NHKの大河ドラマにおいても、この平家一族の人物像が描かれているのですがが、清盛の印象があまりに強くて、どの人物もぼやけてみえます。歴史的にみてもあまり大きな業績を残した人物がいないのでしかたがないといえばしかたがないのですが、こうしたこともこのドラマが親しみにくいと言われる原因なのでしょう。

また、数多い清盛の息子たちや親戚の名前にはみんな「盛」がついていて、どういう親戚関係なのかわかりにくく、また多くの源氏と平氏の人物が入り交り、これに加えて登場する宮中の人物もあまりにも数が多すぎて、しっかりとストーリーを追っていないと誰が誰やらさっぱりわからなくなってきます。

こうした中、平家一族で清盛以外で唯一目立っているのが、清盛の奥さんで、深田恭子さんが演じている時子さん。

女性であるために目立ちやすいというのもありますが、清盛の出家と同時に二位尼と名前を変え、後年、平家滅亡の折には、安徳天皇を抱いて、壇ノ浦で入水する人物だけに、ああ、この人が後年そうなるか、という目で追っているためか、印象的に映ります。

しかし、この人も、史実やまたドラマ中でもとくに大きな主張がある人物ではないので、清盛と後白河法皇との争いを中心に進んでいくストーリーの中では埋没してしまっていて、いまひとつ存在感がありません。

むしろ、平家の滅亡と並行して描かれる源氏の人物たちのほうが生き生きと描かれていて、宮中のごたごたしたいさかいのお話よりも、頼朝の伊豆での生活とこれを取り巻く政子をはじめとする人物のやりとりのほうが面白かったりします。どうせなら、こちらをメインにすればよかったのに……というのは言い過ぎでしょうか。

とはいえ、源氏側の人たちのキャスティングも私的には今一つぴんと来なくて、一番違和感があるのが、北条時政を演じる、遠藤憲一さんです。遠藤さんは大変好きな俳優さんのひとりなのですが、はたして北条時政がこういった人情深い好々爺だっただろうか、と考えると、どうもイメージが違うのです。

いろいろな歴史書では、時政という人物は豪放磊落な人物だったと書かれているものも多く、鎌倉時代の歴史書で源氏の盛衰について詳しい「吾妻鏡」でも時政のことを「豪傑」と記しています。

史実において、その豪傑ぶりは、頼朝が挙兵し、鎌倉幕府を樹立するまではいかんなく発揮されることになります。そして頼朝と政子を助け、北条家を鎌倉幕府の中央に据えるまでの活躍ぶりはその当時にあっても、現在に至るまでも高く評価されています。

しかし、後年頼朝が亡くなると、頼朝の息子で二代目将軍の頼家を殺害し、さらに三代将軍の実朝も殺害しています。北条家をその執権の地位に据えるためのふるまいはこのころから傍若なものとなり、その後晩年に至るまでありとあらゆる権謀術数を尽くす、えげつない人物に変わっていきます。

豪快で権力への執着力が強いという点では清盛と同じで、清盛と時政はどちらかというと似たような臭いがする人物、というのが私の持つイメージです。

松山ケンイチさんや、遠藤憲一さんはどちらかというと、そういうタイプでなく、やさしそうな笑顔が似合う好人物。しかし、実際の清盛は、六波羅蜜寺に残されている坐像に残されているお顔のとおり、かなり冷徹な権力者というかんじがします。

時政のほうも、伊豆韮山の願成就院に漆喰製の坐像が残されていますが、これを見る限りでは、がんこそうでいかにも権力好きな田舎オヤジというかんじです。

しかし、この二人、似たようなタイプとはいえ、どことなく違っており、それは何かなと考えてみました。

すると、二人ともそうした権力に執着を見せる独裁的な性質を持った人物であるものの、どうやらその立ち振る舞いや人との接し方というか、人の率い方に何か違いがあったように感じられます。

清盛のほうは、平家という武家の存在を主張していくため、宮廷において次々と権力闘争を繰り返す出世欲のかたまりという人物だったようですが、他方、六波羅密寺や厳島神社のような美しい構造物を世に残すなど、芸術的なセンスもあったようです。

人物的には激しい性格でありながら、美的なセンスでその内面をおし包み、人に接するときも荒々しい言葉はできるだけ避け、紳士的な振る舞いができる冷静な人物であったのではないかと思うのです。

若いころから宮中で育ち、複雑な人間関係の中で生きていくためには、人と人との気持ちのすれ違いをうまく解消できるような能力を持ち合わせていることが必要であり、そうした能力があったからこそ、荒々しい武家の一族をとりまとめることもでき、宮廷外交における成功も勝ちえたのではないかと推察されます。

一方、時政も、地方の一豪族ではあったものの、「伊豆守」を朝廷から任ぜられ、宮中へもしょっちゅう出入りしていて、宮廷の役人の扱いには手馴れていたようです。

平氏の滅亡と源義経が失脚後、時政は頼朝の命を受け、一千騎を率いて上洛し、守護と地頭の設置を認めさせるべく、朝廷との交渉に当たりました(文治の勅許)。

このとき時政は、朝廷の人事にも干渉し、頼朝に反抗的な公卿は中枢から遠ざけ、頼朝に理解を示す公卿を中枢に取り立てるよう差配するなどの工作をしたといい、田舎豪族にしては宮廷の公家たちのあしらいにおいてなかなかの手腕を発揮しています。

しかも、ここまでの干渉をしたにもかかわらず、宮中での時政に対する怨嗟の声はさほど上がらなかったといいますから、頼朝が挙兵する以前から宮廷に取り入り、それとなく「伊豆の守」の地位を確立し、公卿たちに自分の存在をアピールすることに成功していたものと思われます。後世に伝えられる荒々しい印象とは少々違う繊細さです。

しかし、下賤な人物だなと思わせるのは、いったん、「源氏」という出世の道具をみつけるやいなや、これを使って巧みに自己実現を図ろうとしていった点です。

鎌倉幕府が成立後、やがて頼朝が亡くなるとその実子や弟を殺して鎌倉幕府を乗っ取っただけでなく、執権としての北条家の地位が確立したあと、今度は自分が新政府の中心に座ろうとし、政子やその子供たちを排除しようとして一族全員から猛反発を浴びている事実などに、そうした粗野な気質がみてとれます。

もちろん、清盛もその権力を維持するためにいろんなあくどいことをやっており、それが高じて宮廷内の反発を招き、源氏に攻め滅ぼされたわけですから、同じ穴のムジナではないかといえばそのとおりです。

しかし、権力への執着という点において似たような人間臭さは感じさせるものの、その「臭さ」の度合いにおいては、やはり清盛のほうが時政よりもより数段繊細でスマートという感じがし、このあたりが歴史上の人物としてのスケールの違いとしても出てくるのではないかと思うのです。

無論、これは私が持っているイメージなので、みなさんが同じかどうかはわかりませんが、もしこうしたイメージ通りの人物で番組を構成しようと思うならば、今回の「平清盛」のキャスティングはもっと違うものになっていたのではないかと思います。

もっとも、そうしたキャスティングのミスマッチ?が現在のような低視聴率の原因とばかりはいえず、脚本とか演出の問題もあるのかもしれません。素人がこんなことを言うのは大変失礼なことですし、あまりこういうことばかり書くと、また視聴率が下がっては困るのでこれ以上はやめておきます。

が、来年の大河ドラマではそうした人物像の史実もきちんと検証して、実在の人物のイメージがストレートにつたわってくるようなキャスティングをぜひお願いしたいものです。

その来年度の大河ドラマですが、先日のブログでも少し書いた「新島襄」の奥様の「新島八重」が主人公だそうです。TBSドラマの「仁」で好演した「綾瀬はるか」さんが主演だそうで、松山ケンイチさん同様、大変人気の高い俳優さんです。

久々の幕末モノということで、平清盛が活躍した平安時代に比べればかなり豊富な史料が残っており、そういう意味では実在の人物と大きくかけ離れたキャスティングや演出は許されません。

新島八重という人物がどんな人だったのかまだ調べていないのでよくわかりませんが、「幕末のジャンヌダルク」といわれるほど激しい性格の人物だったようで、そうだとすると、かなり芯の強い性格のようにお見受けする綾瀬はるかさんは適任かもしれません。

気になる新島襄のキャスティングですが、どうやら「オダギリ・ジョー」さんが演じられることが決まったようです。幕末に密航を企て、アメリカへ渡り、キリスト教学を学んで同志社大学を設立するという破天荒な人生を送ったこの人物が、オダギリ・ジョーさんを通じてどういうふうに描かれるのか楽しみです。

奇しくも新島襄の「襄」とオダギリ・ジョーの「ジョー」は同じです。まさか、同じ名前の俳優さんの中から選んだわけではないでしょうが、「名は体を表す」といいますから、もしかしたら実在の新島襄をみごとに演じきってくれるかもしれません。来年が楽しみです。

それにしてもあと二か月。今年の大河ドラマの放送もあとわずかになりました。残る二か月は源平合戦に向かってまっしぐらのストーリーのようですが、その盛り上がりの中において、「松山清盛」の視聴率がもっと上がるのを祈ることにしましょう。

守山

守山より田方平野を望む 画面奥が沼津

昨日、韮山へ行く用事があったので、願成就院すぐ裏手にある守山「(もりやま)」に登ってきました。昨日の小室山に続く、プチ登山シリーズです。このお山、茶々丸のお父さん、足利政知が築いた砦の跡ともいわれ、狩野川のすぐそばに整備された公園から山頂までよく整備された登山道があります。お昼を食べたのが、すぐ近くの韮山にあるラーメン屋だったので、腹ごなしに登ってみることに。汗をかきながら旧な階段の続く登山道を上ることおよそ15分。山頂には、屋根付きの立派な展望台がありました。

ここから見える田方平野は絶景でした。今日は富士山は見えませんでしたが、眼科には、北へ流れる狩野川がみえ、その手前には先日行った堀越御所の跡地も見えます。東に目を向けると4両編成で走る駿豆線も見ることができ、青々とした田んぼの間を縫って三島へ行く電車の姿はのどかそのもの。あー来てよかった、と思いました。

この田方平野ですが、今から約6000年前の縄文時代には、気候最温暖期によって海面が現在より数メートル高くなり、沼津市から、伊豆の国市の長岡付近までが入江だったころの名残だそうです。その後、海面が低下し、狩野川とその支流が運ぶ土砂が堆積し現在の姿となりましたが、低地だけに、古くから狩野川の氾濫によって何度も浸水し、昭和33年の狩野川台風では、死者・行方不明者1269人という大きな被害が出ました。

また、これは私も知らなかったのですが、昭和5年(1930年)に、函南町付近を中心とする「北伊豆地震」というのがあったのだそうで、この地震でも多くの死者が出ました。

この地震、昭和5年の11月26日早朝に発生した、直下型の地震で、地元では「伊豆大震災」とも呼ばれて伝承されているのだとか。

震源地は東海道線の丹那トンネル付近で、ここにある丹那断層という断層がずれて地震がおこりました。マグニチュード7.3といいますから、新潟の中越地震(M6.8)規模の地震になります。震源に近い静岡県三島市で震度6の烈震を観測したほか、北は福島・新潟、西は大分まで揺れを感じたそうで、死者・行方不明者が272名も出るなど、大きな被害が出ました。

この死者の中には、この当時日本第二位の長さといわれた丹那トンネルでの工事関係者3人も含まれています。この丹那トンネル、この当時の技術で掘り進めるには、かなりの難工事だったそうで、これ以外にも数多くの殉職者を出し、完成までに36人もの方が亡くなっています。難工事だった原因は、トンネルを計画する段階で、設計者がこれを横断していた丹那断層を考慮に入れていなかったためで、このため、トンネル掘削が、断層付近に到達したところで、大量の出水が出ました。

北伊豆地震のとき、この大量の出水に対処するため、本坑とは別に排水用の坑道が掘られていましたが、これが、地震の際に丹那断層がずれることによって切断され、西側から掘られた坑道の先端部が北へ2.7mも移動したのです。これによって、坑道の崩壊事故が発生し、工事関係者3名が死亡しました。トンネルは当初直線で設計されていたそうですが、この地殻変動で直線で掘り進めることができなくなり、その後、トンネルの中央部でS字にカーブするように設計し直されたそうです。

丹那トンネルの難工事は、地質が分かっていない場所へ、遮二無二トンネルを掘ろうとした結果でした。これを教訓として、その後のトンネル工事は事前にできるだけの調査を実施し、難工事が予想される箇所を避け、地質に合った掘削方法を準備するようになったそうで、その次に彫られた長大トンネルの関門トンネル工事では、事前調査の結果、地盤の軟弱な九州側の主要工法としてシールド工法が採用され、工事が円滑に行われたそうです。

北伊豆地震は突然起こったのではなく、前触れの前震が何度もあったのだそうです。大きな地震がおこる11月にさきがけ、「伊東群発地震」とよばれる地震が、2月から4月にかけて何度もおき、一時的に沈静化したものの、5月からも再び活発化し、伊東を中心とした地域で8月までに1368回もの有感地震が起きたそうです。

そして、11月の初旬からふたたび新たな群発地震が、今度は伊豆半島の西側(網代の西方10km付近)で発生するようになり、11月の26日の本震の前日、25日までに、なんと2200回を超える地震が記録されました。さらに、25日午後4時5分にM5.1(最大震度4)の前震があったといいますから、被害に遭われた人たちもそれなりの心の準備はできていたはずです。

それにもかかわらず、大きな人的被害を出した原因は、地震が早朝におこり、人々が眠っていたということも大きいようですが、地震が起こった伊豆半島北部の山間部では、山崩れや崖崩れが多発し、とくに天城湯ヶ島(現伊豆市)では大規模な山津波が起きるなど、地震による土砂災害によって亡くなった人が多かったためです。

湯ヶ島では、農家3戸が埋没して、15名亡くなったほか、中伊豆(伊豆市の南)では山の上にあった畑が1haほどが陥没したそうです。被害から見ると、断層帯(後記述)に沿った地域(函南町~伊豆市にかけて)では、震度7の激震に値する揺れであったと思われ、この激しい揺れによって地盤が揺さぶられ、土砂崩れやがけ崩れ、地盤の沈下が起こったのです。

このほか、狩野川に沿った地域では家屋の倒壊が多く、韮山では家屋の全壊率がなんと40%に達しました。韮山町だけで、全壊した家屋は463戸、半壊420戸、死者76名、負傷者152名だそうで、その当時の世帯数は1276、人口7400人だったそうですから、7割の世帯が何等かの被害を受け、住民のおよそ1パーセントが亡くなったわけで、かなりの大打撃だったことがわかります。

北伊豆地震全体での総被害としては、死者・行方不明者272名、負傷者572名、全壊2165戸、半壊5516戸、焼失75戸だそうです。無論、昨年おきた東北の大震災や阪神淡路大震災に比べるべくもないですが、災害の悲惨さは失われた方々の命の数だけでは計れないもの。ここ、伊豆でもこうした大地震が起こりうるということを知り、改めて教訓として肝に銘じ、地震に対する備えを怠りなくしていきたいものです。

ところで、この北伊豆地震、前触れの前震が多かったためでもありますが、前兆は地震におる揺れだけではなく、各地で発光現象や地鳴りといった「宏観異常現象(こうかんいじょうげんしょう)」が数多く記録されたのだそうです。

本震前日の25日の夕方5時ごろから本震発生後の26日午前5時頃までのほぼ半日にかけて、静岡県南部を中心に発光現象がみられたそうで、その当時の記録によると、光の形はオーロラ状で色は青とが多かったといいます。また遠く離れた北関東や近畿地方では、地鳴りのような音が聞こえたという証言もあったのだとか。

宏観異常現象とは、地鳴り、地下水、温泉、海水の水位変動、水質の変化、動物の異常行動、天体や気象現象の異常、通信機器、電磁波の異常など、大規模な有感地震の前兆現象として知らされる現象の総称です。有感地震の因果関係は、多くの科学者がその説明を試みていますが、これが、定説といえるほどの科学的な根拠や統計的なデータは得られていないようです。

ただ、昨年の東北関東大震災では、東北の上空で異常な電磁波の発生が観測されており、これと地震との因果関係がいまさかんに研究者によって調べられているようです。うまくいけば、電磁波の異常を検知することで、地震が来ることを予知できるわけですから、良い成果が出てくることを祈りたいものです。

ちなみに、昨年の地震のとき、ウチのテンちゃんは、まったくといっていいほど、宏観異常現象を見せてくれませんでした。地震の発生とともに、どこかへ隠れてしまい、地震がおさまったころに、すりすりと足元に寄ってきて、不安そうな顔をしていただけ。あらためて、ネコは役にたたん、と思った次第。

地震が起こる前の動物の異常行動として、ナマズが騒ぐというのはよく言われますが、このほかとしては、鶏が夜中に突然騒ぎ始めるとき、日中カラスの大群が移動するとき、日中カラスの大群が異常な鳴き声で騒ぐとき、などがあるそうです。が、ネコが騒ぐというのは、あまり聞いたことがない。ネコの場合、ひげで気温や湿度がわかるそうで、ネコが手で顔を洗いはじめると天気が悪くなりそうだということで、天気予報には使えそうですが、地震予報には使えそうもありません。

宏観異常現象として、よく言われるのは、地震雲や地下水の異常などですが、前述の北伊豆地震でのオーロラのようなものや海面が光るなどの発光現象もよく報告されています。夜空が異常に明るい、とか、光の柱のようなものが見えた、太陽や月に傘のようなものがかかった、月が赤い色をしていた、などなど、枚挙のいとまがありませんが、これらと地震との実際の因果関係を証明した人はまだ誰もいません。

もしかしたら超能力がある人は、地震の予知もできるのかもしれませんが、残念ながら私にはその能力はなさそうです。が、素粒子が目に見えるものとして発見されるような世のなかですから、もしかしたら地震の予知も画期的な発見によって達成できるようになるのかもしれません。

でも、それが実現するとしたら、東京や大阪などの人口密集地帯ではとんでもない人口移動が起こるかもしれませんね。東京の人たちがみんな、伊豆へ引っ越してくるようになったりして。でもその前に地震によって伊豆半島が本州から切り離されないよう、祈ることにしましょう。