茶々丸 2

昨日は暑かったですね。山の上の我が家ですら、日中の最高気温は30度を超えました。さすがに山を下ってどこかへ行く気にもなれず、日がな先日行った韮山の歴史探訪の写真などを整理していました。

それにしてもこの上天気。九州地方では大雨が降っているというのに何なのでしょう。夕方までには空の雲がすっかり取り払われ、富士山の上には笠雲がかかっています。夜空を見上げると、澄み切った空気の中、満天の星も見えました。

気象庁の発表はまだないようですが、おそらく…… 梅雨は明けたのでしょう。

さて、昨日の続きです。
昨日は、足利政知が、鎌倉公方になるべく、京都から鎌倉に向かう途中、伊豆に足止めを食ったところまでを書きました。鎌倉府で争っていた公方の足利成氏と管領の上杉方が和睦してしまったため、新公方として、鎌倉に入ることもできず、結局、そのまま伊豆にとどまることになったのです。

政知は、結局は伊豆一国のみを支配する代官としてその一生を終えることになるのですが、側室との間に茶々丸という一子を設けます。そして、正室として円の満院という人を妻にし、潤童子(じゅんどうじ)と清晃という二人の子をもうけます。

政知は、当初、茶々丸を嫡男にしようとしていました。ところが、足利家の執事の上杉政憲という人は、政知を諌め、茶々丸の廃嫡をするよう強く求めましたが聞き入れられず、自害させられたといいます。当主から嫡男にすると指定されていたのにもかかわらず、その一家の執事からも愛想をつかされたわけです。このことからも、茶々丸という人がどんな性格だったのかわかるような気がします。

この茶々丸、大きくなるにつれて、粗暴な行為が目につくようになったといいます。どの程度の悪童だったのかは、よくわかりませんが、あまりにも素行不良、ということで政知の命により土牢に軟禁されています。自分の子を牢に入れるほどですから、もしかしたら家来の誰かをあやめたり、けがをさせたりするような、とんでもないことをやったに違いありません。

長じてからもどんどん粗暴になっていく茶々丸をみて、ついに政知は、茶々丸に跡を継がすのをあきらめ、異母弟の、潤童子を跡継ぎにしようとします。一説には、潤童子のお母さんの円満院が政知に讒言したためであるともいいますが、円満院にすれば、継子よりも実子のほうがかわいかったのでしょう。いずれにせよ、お父さんにもお母さんにも嫌われてしまった茶々丸。どのくらい閉じ込められていたのか記録には残っていないようですが、その後も悶々と牢屋の中でその青春期を過ごします。

ところが、政知はその後継者をはっきりと指名しないまま、1491年に病を得て、死んでしまいます。足利家という名門に生まれ、公方にしてやると幕府から言われて鎌倉まで来たものの、とうとう鎌倉に入ることもできず、その昔は流罪地であった伊豆という辺境地で死に瀕したとき、どんな思いだったでしょうか。

政知が死んだあと、継母の円満院は、より一層茶々丸を虐待したといいます。粗暴な性格だったからということで、しょうがないといえば、しょうがないのですが、どんなひどいいじめをしていたものやら。おそらく食事や衣服も満足に与えず、たまに牢の外に出してやるといったこともせず、といった具合だったのでしょう。ついに、茶々丸はそのいじめに耐えかね、ある夜、牢番を殺して脱獄します。

そして、その足で、その頃、堀越公方に就任することに決まっていた弟の、潤童子と円満院が住む館へ行き、二人を惨殺するという暴挙に出るのです。

ここのところ、すごいと思うのは、牢番に続いて継母とはいえ、お母さんと血のつながった弟を殺している点です。どんな殺害のしかたをしたのかわかりませんが、血なまぐさい殺人鬼の臭いがします。

とはいえ、茶々丸の側からみれば、自分を牢屋に入れて苦しめた父が死に、ようやくチャンスが巡ってきたと思ったところへ、今度は継母から虐待され、一生を牢屋で過ごすのかと、絶望的な気持ちになっていたことでしょう。いじめられた仕返しができるだけでなく、うまくいけば公方になることができる。そのためには、たとえ血がつながっているとはいえ、弟でさえその憎き母親と一緒に殺してしまえばいい、そう思ったに違いありません。

こうして、茶々丸は思い通りに事を運び、周囲も名門足利家の血をひく茶々丸を冠に頂くことをあえて拒まなかったためか、すんなりと堀越公方に就任します。それまでの人生をリセットし、伊豆の主としての新しい人生をスタートさせたのです。ところが、こういう悪いヤツには、結局は悪い運しかめぐってこないもの。因果応報というヤツです。

そのころ、新興勢力である茶々丸をリーダーとしてその下に付いた部下たちの中には、茶々丸を祭り上げ、古い勢力である代々の家老や重臣を追い落とすことで、御所内の主導権を握ろうとする勢力がありました。そして茶々丸の耳に、彼らの悪口をあることないこと入れ始めるのです。

これを信じた茶々丸。若くして公方になったのですから、もともと判断能力はなく、周囲の大人たちの讒言を聞いてもそれが真実でないと看破できなかったのでしょう。その提案をすんなりと受け入れ、さっそく筆頭家老で韮山城主だった、秋山新蔵人などの重臣を次々と誅するなど、古い勢力の粛清をはじめます。

本人はこれで伊豆は自分のものになる、と思ったでしょうが、やはりこういう悪政は続かないもの。それまで家を盛り立てていた忠臣をことごとく殺してしまった結果、堀越御所の運営はすぐに立ち行かなくなります。そして旧臣たちの支持を失い、茶々丸の配下の新興勢力との間で争いが起き、伊豆国内はあちこちで内紛がおこるようになります。

ちょうどそのころのこと。時の関東管領で、事実上の最高実力者、「細川政元」が突然、10代将軍義材(後に義稙)を追放してしまいます。世にいう、明応の政変です(1493年)。

関東管領として、こうした伊豆の情勢を把握していた細川政元は、政知のもうひとりの息子、そう、あの茶々丸に殺された潤童子の下の弟、清晃を室町将軍に擁立しようと画策します。清晃は、「せいこう」と読むのでしょうか、その昔政知が、茶々丸を嫡男として指名したときに出家して、京都の天龍寺香厳院というお寺を継いでいました。

茶々丸により母と兄が惨殺されたのを聞いて、苦々しく思っていた清晃ですから、時の実力者、細川政元の提案を喜んで受け入れ、還俗して将軍の座に就き、足利義遐(よしとお)を名乗る(後に義澄・よしずみ)ようになります。こうして、権力の座についた、義遐に母と兄を殺した茶々丸を討つチャンスが巡ってくるのです。

そして、その敵討ちを、そのころ、今川家の有力武将になっていた、北条早雲へ命じる、という形をとります。伊豆の国への進出を狙っていた早雲にとっては、願ってもないチャンス。公に伊豆へ侵攻するとための、大義名分を得たわけで、早速この命を受けます。このころ、北条早雲は駿府の今川氏の配下にある有能な武将であり、今川家の内紛を自ら治めて興国寺城主(現沼津市)となっていました。

そして、伊豆韮山の堀越御所の主である、茶々丸への攻撃を開始します。1493年の秋、興国寺城を拠点として北条早雲が、伊豆に攻め入ると、伊豆各地の武士たちはむしろこれを歓迎します。そのころはもう伊豆の国の諸将は、茶々丸のことを、新将軍・義澄の母(円満院)を殺した反逆者であると見なしており、茶々丸に組みするよりも新将軍方に付いたほうが得、と思ったのでしょう。茶々丸の配下の中でも、歴代の忠臣を殺してきた茶々丸に人望はなく、そうした配下を引き連れて臨んだ北条早雲との戦いでは、敗戦に次ぎ敗戦を重ねます。

そして、韮山の守山に築いてあった城に籠城するものの、北条勢に攻めたてられ、城はあえなく陥落。その炎の仲、とうとう自刃して果てた、と言われています。前述したとおり、実際に、願成就院のお堂の背後に茶々丸の墓とされる石塔があるので、本当にここで落命した、というのが長い間の通説でした。

しかし、実際には、守山で死んだとされる1493年(1491年という説もある)よりもあとの、1495年に北条早雲によって伊豆国から追放され、鎌倉の上杉氏や甲斐の武田氏を頼って伊豆奪回を狙っていたらしい、ということが近年の研究で明らかとなりつつあるのだそうです。

結局のところ、それから5年もあとの、1498年に、北条早雲の追っ手につかまり、自害した、という説が最近発掘された新資料によって有力だと考えられているようで、その場所は甲斐国だったとも、伊豆の下田にあった深根城とも言われています。

さらに、「妙法寺記」という古文書では、堀越御所が陥落したという1493年から2年後の1495年に茶々丸が「島」へ落ち延び、やがて武蔵国に姿を見せ、さらに1496年には富士山へ参拝のため登山したと書いてあるとか。

「島」は伊豆大島なのか、また富士山に参拝したというのですが、それほど自由の身だったのかよくわかりません。それにしても、各地にこうした伝承を残していることから、守山での攻防戦ではからくも生き延び、他国で虎視眈々と挽回を狙っていた、というのはほんとうのような気がします。

死んだと思っていたのが実は生きながらえて別の国で死んだ、という話は、頼朝に攻め滅ぼされて死んだ源義経が実は大陸に渡って生き続けていた、という伝説をほうふつさせます。しかし、茶々丸の場合、生きていたこと自体が喜ばしいというかんじではなく、なにやらゾンビが復活した、というようなどうしても悪いイメージがわいてきてしまいます。

いずれにせよ、1498年までには茶々丸は亡くなっているようです。しかし、他国で死んだかもしれない茶々丸の墓が、なぜ伊豆にあるのか、しかも北条氏の氏寺の願成就院にあるのかはなぞです。

その墓のある願成就院は、北条早雲が伊豆へ乱入してきたときに全焼しているということです。しかし、本堂などは焼け落ちてしまったものの、墓所などは残っていたと考えられことから、かつて堀越御所で茶々丸に仕えた部下の誰かが、他国で死んだ茶々丸のお骨だけ持って帰り、それを御所近くのこのお寺の隅にひっそりと埋葬したのかもしれません。

戦乱の世が生んだ夜叉のような人物でしたが、彼がいたからこそ北条早雲によって関東統一がなされたのであり、北条早雲がいなければ関東はその後も長い間騒乱の渦に巻き込まれ続けていただろうことを思うと、けっしてその生が無駄だったとばかりもいえません。

いつの世のどんな人にも意味のない人生はない。今日も改めてそう思ってしまいました。

茶々丸


昨日、梅雨の合間の晴れ間を利用して、韮山に散在する北条氏ゆかりの史跡を探訪してきました。そのひとつ、願成就院(がんじょうじゅいん)は、北条政子の父親で鎌倉幕府初代執権であった北条時政が、娘婿の源頼朝の奥州平泉討伐の戦勝祈願のため建立したそうです。しかし、奥州征伐の戦勝祈願のためというよりは、北条氏の氏寺として創建されたらしく、願成就院のすぐ裏手の「守山」という、北条氏の館跡のある丘のすぐ麓にあります。

韮山駅から徒歩10分ほどのこのお寺、さすがに古さを感じさせますが、1189年に建てられたあと、1493年の伊勢新九郎(後北条の北条早雲)の「伊豆討ち入り」のときにほぼ全焼したそうです。しかし江戸時代に北条の末裔、北条氏貞が再建したそうで、現在の本堂や境内のつくりは、ほぼ創建当時のものとか。

この日は、日中の最高気温が30度を超える、暑い日でした。近くのスーパーにクルマを止め、守山を目標に新興住宅街の中を汗だくだくになって5分ほど歩きましたが、見えてきたお寺のある場所は、守山のすぐ麓のわりと静かな場所。北条氏の古刹と言われなければわからないほど地味なつくりです。はっきりいってそれほどメジャーな観光地ではないはずですが、今、NHKで放映されている大河ドラマ、「平清盛」によって、「平安時代ブーム」にあるせいか、三連休の中日だということもあって、観光客の姿もちらほら。

門を入ってすぐ左手。わりと目立つところに、北条氏の開祖ともいわれる時政のお墓が据えられていました。さすがに立派なお墓で、高さ2mほどの塔があり、これを中心にして周囲に灯篭らしいものが建てられ、立てた石で周囲が囲われ、きれいに掃除してあります。北条氏の他の人のお墓もあったのかもしれませんが、とくに案内板もなかったところをみると、北条早雲による動乱以後、時政本人以外の親族の埋葬は行われなかったのかもしれません。

本堂の左手奥、境内のかなり奥まったところには、先日のブログ、「狩野城」でも紹介した足利将軍家の一族、足利茶々丸のお墓もありました。北条氏の氏寺になぜ、足利家の人のお墓があるのか、そのいきさつはよくわかりませんが、お墓が置かれた場所も一等地とはいえないような、奥まったひっそりとしたところであるのをみると、そこにお墓があること自体、あまり歓迎されていないようなかんじ。それもそのはず、改めて人物像をみてみると、あまり感心できるような一生を送ったとはいえません。

 伝・茶々丸の墓

ここで、「狩野城」で書いたことをもう一度おさらいしておきましょう。

時は、応仁・文明の大乱で京の街が焼き尽くされ、戦乱が地方に飛び火してゆく時代です。伊豆国も平和ではいられず、やがては戦乱の世に入ろうとしており、次々と血なまぐさい事件が起こりはじめる、室町時代も末期のころのこと。

そのころ、鎌倉にあって室町幕府の関東統治長官であった「関東公方」を代々司る足利家は、その執事ともいえる「関東管領」を司る上杉氏とは、鎌倉府やその他の関東の所領の治め方をめぐって激しい対立を引き起こしていました。この双方の確執はやがて武力による動乱に発展していき、それに連動して伊豆の武士と駿河の今川家、北条早雲連合の勢力が四つ巴の争いを展開する複雑な情勢が生まれていました。そして、その情勢を一層複雑にし、やがては関東一円に広がる戦国時代に発展させる火付け役になったのが、本日の主役の足利茶々丸です。

足利茶々丸(ちゃちゃまる)は、8代将軍、足利義政の異母兄である、「足利政知」の子どもで、11代将軍・足利義澄の兄にあたる人です。生誕はいつかよくわかっていません。没年についても、1491年説や1493年説などいろいろあり、後述するように、最近の調査によれば1498年に没したというのが定説のようです。いずれにせよ、かなり若くして亡くなっており、おそらくは10代の後半か、20代のかなり早い時期に没したと思われます。

「茶々丸」は幼名で、正式な元服をする前に死去したため、成人としての実名である諱(いみな)は伝わっていません。普通は元服の儀式を持って名門、足利氏の一族のひとりとしてその名を天下に知らしめるべきところを、その元服を祝ってくれるはずの親に厭まれ、若くして非業の死を遂げたためです。

ことの発端は、1483年に起こった享徳の乱といわれる争いです。室町幕府の8代将軍、足利義政の時に起こったこの内乱は、鎌倉の政府出先機関の鎌倉公方、足利成氏がその補佐役である関東管領の上杉憲忠らを攻め殺した事に端を発し、両家だけでなく、幕府はもとより、伊豆や駿河の武士も巻き込んだ争いへと拡大していきます。

足利尊氏が関東を統治するために設置した鎌倉府は、尊氏の次男である足利基氏の子孫が世襲した鎌倉公方を筆頭に、上杉氏が代々務めた関東管領が補佐する体制でしたが、その政治手法をめぐって、次第に鎌倉公方は京都の幕府と対立しはじめるだけでなく、鎌倉公方と関東管領が対立するという内紛状態になっていました。そして起こるべくして起こったのが享徳の乱でした。

1455年、足利成氏は、憲忠を屋敷に招くとこれを謀殺。成氏の側近も、上杉邸を襲撃して憲忠の一番の部下、長尾実景などを殺害します。これに対して、上杉家の家宰(かさい・家長に代わって家政を取りしきる職責)であった長尾景仲は、上杉家の一族を率いて足利勢に対する反抗攻勢に出ます。この両者の戦いに、関東一円の武士たちがそれぞれの味方として参画して、関東地方は3年もの間、ほぼ全域が戦乱状態になります。

この戦い、そもそも京都の幕府と鎌倉公方である足方成氏とのいさかいに端を発しており、幕府は成氏をなんとか鎌倉から追い出したいと、関東管領の上杉氏に肩入れするとともに、駿河の今川氏も焚き付けて、何度も鎌倉を攻めます。

これに抗しきれず、成氏はいったん、古河城(現茨城県古河市)まで逃れ、この結果、関東地方は当時江戸湾に向かって流れていた利根川を境界に東側を古河公方(足利成氏)陣営が、西側を関東管領(上杉氏)陣営が支配する事となり、関東地方は事実上東西に分断されるようになります。その後も小競り合いを続けますが、このような両者がにらみ合い、こう着するような期間はその後も30年近くにわたって続くことになります。

この間、将軍足利義政は成氏に代る鎌倉公方として異母兄の「政知」を送りこむのですがが、成氏方の力が強く、政知は、鎌倉に入ることもできず、伊豆韮山の北条氏宅を本拠にするようになります。その後、同じ韮山で北条氏の居宅に近い堀越(ほりごえ)という場所に御所を作り、その後、堀越公方と呼ばれるようになります。

その後、1476年になって、上杉方では有力家臣の長尾景春が関東管領家の執事になれなかった不満のため挙兵するなどの内輪もめが発生しており、不穏な空気が流れていました。このとき、関東管領になっていた上杉顕定は、公方陣営との対立に加え、こうした内憂の発生に危機感をいだくようになり、1478年、長年の確執を捨て、足利成氏と和睦を成立させます。

これによって、宙に浮いた形になったのが、伊豆に長逗留していた足利政知。足利成氏と上杉方が和睦してしまったため、新鎌倉公方として、鎌倉に入ることもできず、京都に帰ることもできずで、結局、そのまま伊豆にとどまることになります。そして、結局は伊豆一国のみを支配する代官としてその一生を終えることになるのです。

この足利政知が側室に産ませた子が茶々丸です。この茶々丸、その後、とんでもない事件を起こし、伊豆を騒乱におとしめる人物になっていくのですが、今日のところは時間これまでにしたいと思います。続きはまた明日。