破局

高台にある我が家の北側には、富士山をはじめ、いろんな山が見えます。これまでも何度か話題にした葛城山が真正面に見え、そのやや左手には富士山と発端丈山があり、そこからさらに西側にははるか遠くに南アルプスが広がります。

……と、書けば絶景のようですが、別荘地内の木々が邪魔をして、全体像が見えない山もあります。その一つが、葛城山の東側の遠くのほうに見える山。

何だろうなーと前から気になっていたので、地図と見比べてみたところ、どうやらこれは、箱根の山々の中央付近にそびえる箱根駒ヶ岳、1356mであることがわかりました。ふーん、箱根なんだ~ とちょっと意外。

それもそのはず、ここから見える箱根駒ヶ岳は、お椀を伏せたような、さえないかんじの山で、しかも遠くにあるので、多少かすんでいて、これがあの天下の箱根山か~ というほどの威厳は感じられません。

ま、見えるだけまし、ということなのですが、これでもう少し、標高が高ければな~ と思うのです。が、これはこれ、想像力が鍛えられて良いではないか、とポジティブに考えることにしましょう。

古箱根火山

さて、この箱根山ですが、神奈川県と静岡県にまたがる、その昔は巨大な火山だったものの名残で、古い時代の火山活動でできた大きな外輪山の真ん中に新しくできた火山群がある」、「◎」の形をした山々です。中央の火山群とその周囲の外輪山の間の西側部分には、水がたまっていて、これが「芦ノ湖」になります。

わかりにくいかもしれないので、ウィキペディアに掲載されていた図を以下に引用させてもらいました。

中央火口丘付近にある大涌谷などでは、現在でも噴煙や硫黄などの火山活動が見られるほか、外輪山の東側の箱根温泉や湯河原温泉では、山腹や山麓の多くの場所で温泉が湧き出していて、古来より湯治場として観光開発され、人気を集めているのはご存知のところでしょう。

この外輪山は、もともと、「古箱根火山」と呼ばれる標高2700mもあった富士山型の成層火山の名残です。25万年前くらいから噴火を繰り返していましたが、約18万年前に大量のマグマが吹き出し、山体の地下に大きな空洞ができ、それが一気に陥没して大きなカルデラ(真ん中がどかんとへこんでいる火山。阿蘇山などもそれ)が誕生しました。

このとき陥没せずに、周りに取り残されるようにしてできたのが、塔ノ峰、明星ヶ岳、明神ヶ岳、丸岳、三国山、大観山、白銀山などの1000m前後の高さの山々で、これを「古期外輪山」といいます。

ただし、この外輪山の一番北側にある金時山だけは、この外輪山の一部ではなく、古箱根火山の山腹から噴火した寄生火山だそうで、他とは成因が違う独立した火山ということになります。

破局噴火

古箱根火山が陥没してできたカルデラの真ん中の部分では、その後、約13万年前から再び火山活動が活発になり、やがて、小型の楯状火山ができました。楯状火山というのは、粘性が低く流れやすい溶岩が流れだし、堆積してできたもので、その世界最大のものがハワイ島のマウナ・ロア火山です。ちなみに、日本のすばる望遠鏡ほかの各国天体観測所が設置されているのは、この火山の北側にあるマウナ・ケア山のほうです。

マウナ・ロア火山からどろどろした真っ赤な溶岩が流れ出し、海に落ち込んで大きな水蒸気をあげている映像をテレビなどで見たことがありませんか? 盾状火山は、このようにどろどろとした溶岩が少しずつ流れだし、緩やかに傾斜する斜面を形成する底面積の広い火山です。

盾のように広がることからこの名がつけられましたが、広大な面積を持つ火山であるため、いったんこれが大爆発を起こすと、とんでもないことになります。約5万2000年前、この箱根でもこの楯状火山が徐々に形成され、そして、「破局噴火」と呼ばれるスーパー爆発を起こしました。

破局噴火とは、地下のマグマが一気に地上に噴出する「壊滅的な」火山爆発で、地球の長い歴史において、これまでも何度もおき、そのたびに地球規模の環境変化や種の大量絶滅の原因となってきました。英語では、このような噴火をする超巨大火山を「スーパーボルケーノ」と呼ぶそうで、これを題材にしたパニックSF映画が何本も作られています。

この「破局噴火」という日本語は、「石黒耀」さんという作家さんが2002年に発表したSF小説「死都日本」で初めて使われたそうで、この小説では、「近代国家が破滅する規模の爆発的巨大噴火」として、扱われました。

この「死都日本」は、現実世界の火山学者さんからも、超巨大噴火をリアリティーを持って描いた作品として評価され、その後、日本でも過去に実際に起き、将来的にも起きる可能性のある噴火を定義する言葉として、火山学者やマスコミ報道関係者のあいだで、定着しています。

この破局噴火のメカニズムですが、地上にできた「盾」が、地下数kmにあるマグマ溜まりを強力な地圧で押さえつける役割をするため、長い間にはこれによって、いろいろなガスがマグマの中に高圧で封じ込めている状態となります。その盾によって押さえつけられ、マグマにかかっている地圧が、ある時、大きな地震などが引き金になって急激に取り除かれ、このとき、このマグマは「発泡」しはじめ、この発砲に伴い、大量のガスが噴出しはじめます。

そして、このマグマ溜まりにそのガスが徐々に充満していき、やがてそれが極限状態になったとき、これを押さえつけている盾を吹き飛ばすほどの大爆発を起こし、「破局噴火」となるのです。

この破局噴火の破壊力は、通常の噴火と比べても桁違いに大きなもので、その噴火によって半径数十kmの範囲で動植物が「消滅」するばかりでなく、その大量の噴出物は周囲を破壊する壊滅的な威力となります。火砕流などになって放射状360度の方向に噴出し、広大な面積の地上を焼き払い、埋め尽くすのです。

それだけでなく、火山の上空に吹き上げられた噴出物は、成層圏付近にまで舞い上がり、風に乗って地球を周回。これによって地球全体が灰に覆われることで太陽光を遮り、これが原因で地球全体の気温が極端に下がり、植物が育たなくなることから、食物連鎖が崩れ、世界的な規模で種の絶滅が始まります。

この破局噴火による噴出物の量が、通常の噴火とどれくらい違うかというと、例えば1990年から1995年にかけて噴火した雲仙普賢岳の5年余りの活動期間中の噴出物の総量が、0.2km3程度であったのに対し、破局噴火では1000km3の規模になります。その噴出する溶岩の量は、これまで人類が経験してきたものをはるかに超える途方もないものなのです。

また、一回に起こる火砕流の規模だけでも雲仙普賢岳の1000万倍程度もあるといわれ、周辺に住む生物は、ものすごい速度で山から流れ落ちる火砕流から逃れるすべもなく、一瞬にして飲み込まれてしまいます。

5万2000年前に箱根山での破局噴火では、西は富士川から東は現在の横浜市郊外にまで火砕流で覆われたそうで、火砕流が通ったあとの動植物はすべて死滅し、まさに死の世界といえるような状態だったでしょう。

最後の破局噴火

日本では、過去に7000年~1万年に1回程度の頻度で、破局噴火が起きており、7300年前に鹿児島県南方沖の海底火山、「鬼界カルデラ」で起きた噴火が、日本でおこった最後の破局噴火です。この噴火が、当時の南九州で栄えていた縄文文化を壊滅させたことは、考古学上もよく知られており、日本で人間が経験した証拠が残っている数少ない破局噴火のひとつです。

このときの噴火で噴出した「アカホヤ」と呼ばれる赤橙色を帯びた火山砕屑物は、東北地方や朝鮮半島でも見つかっており、大分県でも50cmもの厚みのある火山灰層が観察されています。火砕流は半径100kmの範囲に広がったということがわかっており、破局破壊の中でもかなり大きなものであったことは間違いありません。

4万年以上昔に発生したという、箱根の破局噴火も、鬼界カルデラに匹敵するくらい巨大な噴火だったと思われます。ただ、鬼界カルデラの噴火の名残は、海底に没しており、それによる地形変化を我々は直接見ることはできません。しかし、箱根山の破局噴火は、その名残をしっかり地上に刻んでくれたため、我々はそれをいつでも目にすることができます。

今後発生する可能性

鬼界カルデラが生まれた噴火を最後に、ここ7300年日本では破局噴火は起きていません。日本だけでなく、世界的にも今後、破局噴火が起こる可能性のあるところはもうほとんどなく、ただ一カ所、アメリカのイエローストーン国立公園でその可能性があるそうです。

アメリカ合衆国のイエローストーン国立公園は、風化によってできた、ただの切りたった赤茶けた断崖だと思っている人も多いと思いますが、れっきとした火山地帯で、しかも超巨大火山の名残です。破局噴火の常連さんでもあり、過去に、約220万年前、約130万年前、約64万年前の計3回も破局噴火を起こしています。そして、現在も公園全体の面積に匹敵する範囲に9,000km3もの超巨大なマグマ溜まりが存在していることが、確認されています。

約64万年前の噴火は、比較的小さな噴火だったようですが、それでも、1980年にワシントン州セント・ヘレンズ山でおきた噴火の1000倍の規模です。その前の130万年前の噴火から66万年が経過しての噴火であり、このことから、だいたい65万年周期で噴火が繰り返されると考えると、そろそろ次の噴火もあってもおかしくない時期といえます。

近年、イエローストーン公園では地震が活発化しているらしく、21世紀初頭の10年間で公園全体が10cm以上隆起し、池が干上がったり、噴気が活発化するなど危険な兆候が観察されています。アメリカ政府は、新たに立ち入り禁止区域を設置したり、観測機器を増設したりしており、米国地質監査局の地質科学者が、イエローストーン公園内の湖の底で高さ30m以上、直径600m以上の巨大な隆起を発見したとも伝えられています。

このイエローストーンで現在貯留しているマグマ溜まりがもし噴出した場合には、人類の存亡の危機となることが予想されています。

イギリスの科学者によるシミュレーションによれば、もしイエローストーン国立公園の破局噴火が起きた場合、3~4日内に大量の火山灰がヨーロッパ大陸に達し、米国の75%の土地の環境が変わります。火山から半径1000km以内に住む90%の人が火山灰で窒息死し、地球の年平均気温は10度下がり、その寒冷気候は6年から10年間続くと推定されています。

もし、この噴火がおこれば、今の地球温暖化の問題は一気に解決される!と喜んでいてはいけません。火山灰が日照を遮ることによる急速な気温の低下が、動植物の成長に大打撃を与え、我々の食べるものが無くなってしまうかもしれないのです。

破局噴火以後の箱根山

さて、破局噴火というスーパー爆発を起こした箱根山ですが、その後、爆発を起こした中央部分は再び陥没し、東部から南部にかけて、半月形に取り残されたのが浅間山、鷹巣山、屏風山などの「新期外輪山」です。

さらにこの後、約4万年前になるとカルデラ内で再び火山活動が始まり、台ヶ岳、上二子山、下二子山などの溶岩ドームができ、我が家からみえる箱根駒ヶ岳もこの時にできた溶岩ドームになります。

この4万年まえの噴火では、発生した火砕流で川がせき止められ、現在の仙石原一帯に仙石原湖と呼ばれるカルデラ湖が誕生しました。

さらに時代が下って、約3000年前には、神山北西斜面で山体の多くを崩壊させる大きな水蒸気爆発が発生。これにより大涌谷が生まれ、水蒸気爆発によって引き起こされた土石流により仙石原湖の半分以上が埋没して仙石原となり、また現在、芦ノ湖を水源として小田原まで流れている、早川の上流部がせき止められて芦ノ湖が誕生しました。

太古から繰り返されてきた噴火はやがて落着き、こうして今の大観光地、箱根山を形成しました。その名残は、今や富士箱根観光の目玉であり、それを通して我々は過去における箱根山の噴火の歴史とそれによる地球のダイナミックさを身近に知ることができます。

ただ、箱根山は、気象庁も現在たくさんの観測装置を備え付けて観測を続けている、生きている火山、「活火山」です。近年の噴火記録はありませんが、神山や駒ケ岳の山腹数ケ所に硫気地帯があり、時にはそれが活発化したり、崩壊・土石流を起こしたりすることがあるということで、気象庁も注意を促しています。

雄大な自然を楽しみつつも、やはりそれが生きている火山であることを認識しつつ、いざというときのことも時には考えてみましょう。が、それを言えば富士山も同じ活火山です。噴火を心配していたら、観光はできませんが……

富士山は親戚?

昨日は一日中雨が降り続きました。梅雨らしいといえば梅雨らしいのですが、妙に気温が低く、最高でも21度どまり。典型的な梅雨寒です。わたしはといえば、思わずしまいこんでいた、愛用のどてらを引っ張り出して着るほど。夕べなどは、もう6月だというのに、鍋料理などしてしまいました。

雨は夜半にあがり、そして今朝は快晴、とまではいきませんが、朝から少し日が差す天気。外をながめると、ここのところ厚い雲に覆われてばかりいた富士山が久々にその雄姿を現しました。しかし、それにしても、雪が減ったな~ こんなに少なくなってたんだーとちょっとびっくり。

そこで、先月の5月に撮影した富士山の写真と比べてみると、その違いは一目瞭然。右下の宝永山の噴火口(宝永火口)の雪はすっかり溶けているのがわかります。それもそのはず、来月7月の1日からはもう、富士山の山開きです。今年も大勢のハイカーが富士山のサミットを目指すのでしょう。


 5月16日の富士山 宝永火口にはまだ雪が・・・

かくいう私は、一度も富士山の頂上まで登ったことはありません。学生の頃に、五合目まではクルマで行ったことがあるだけ。しかも、曇天の日だったので下界も全く見えず、ただ登っただけになってしまいましたが。

それだけに一度は登ってみたい山ではあるのですが、テレビなどで紹介されている登山の様子を見ると、登山客だらけでイモ洗いのご様子。ただでさえ人ごみが嫌いな私にはとても向かない環境です。多くの人は七、八合目あたりで一泊してから頂上を目指すようですが、宿泊する山小屋の混雑ぶりが目に浮かぶようで、どうにも気が進みません。

早朝か夜間から登山を始めて日帰りで帰ってくる、ということもできるみたいなので、天候をみはからってそのうちチャレンジしてみようかな、と思ったりもします。が、運動不足のタエさんがついてこれるかどうか。彼女ときたら、ちょっとした神社の階段でも息を切らしながら、私にしがみついてくる始末。いっそのこと、背負子(しょいこ)でも買ってかついで行くか~ とも思ったりするが、ぎっくり腰になったらいかんのでやめときましょう。

その昔、富士山の山頂に気象庁の測候所があったころには、頂上まで観測資材などを引き上げるのに「強力(ごうりき)」と呼ばれる人々がかり出されたようです。一人で50~60kgの荷物を運ぶことができたそうで、中には重さ100kg以上の荷物を運ぶ猛者もいたとか。直木賞作家、新田次郎さんの小説「強力伝」に出てくる強力さんは、白馬岳山頂に50貫目(187.5kg)の方位盤を運んだそうです。富士山でも、山頂に立つ鳥居を担ぎ上げた強力さんがいて、この人は、重さ40貫~50貫(150kg~187.5kg)の鳥居を上げたとか。

こういう強力さんはその昔、富士吉田市や御殿場市にたくさんいたようで、通常は山小屋などに食糧や日用品を運ぶ仕事をしていたようです。今もいらっしゃるのかな、と思って少し調べてみたら、今は山小屋への荷物などは小型のブルドーザーで運べるそうなので、おそらくはもう廃業でしょう。

ところで、富士山といえば現役バリバリの活火山。いつ噴火してもおかしくない、「生きている」火山です。先日NHKの特集番組を見ていたら、この富士山、最近どうもきな臭いらしい。昨年の大震災によって、関東以北の火山の地下にあるマグマにかかっていた周りの岩盤からの力が解き放され、マグマが上昇しやすい状態が続いているとか。ここ数年のうちに噴火するのでは、という見方をしている学者さんもいるようです。

もっとも考えられる噴火シナリオのその1は、南側の宝永火山からの溶岩流の流出だそうで、この場合、麓の富士市や裾野市あたりに流れ出すだけでなく、駿河湾にまで達し、東名高速や新幹線、東海道線などの東西を結ぶ大動脈を分断。東京とそれ以西の物流が止まることによる大きな経済的ダメージが生じる可能性があるとのことでした。

可能性の高い噴火シナリオのその2は、同じく宝永火山付近から噴出した噴煙が、上空数キロメートルの高さにまで噴き上げるパターン。この場合、富士山のすぐ麓への影響というよりも、むしろ大きな被害を受けるのは東京や神奈川、埼玉といった関東地方。偏西風によって東に流された噴煙が関東地方の広範囲に灰や火山岩を降らします。

火山灰は銅や鉄と同じく通電性があるそうで、これが電線に積もるとショートして電気が止まり、首都圏が大停電になる可能性も。降った灰のうち、細かなものはあらゆる電子機器に入りこんで悪影響を及ぼすほか、積もった灰は電車や自動車の通行をも妨げ、人々の移動は困難に。関東地方はその他の地方とは切り離され孤立。そのため食糧事情が悪化し・・・・・

と、何やら空恐ろしくなってきますが、本当に噴火したらそりゃーそういうこともあるだろうな~。去年テレビでみていた大津波の映像はまるで夢でも見ているようでしたが、富士山の噴火も実際におこったらまた夢のように見えるのでしょうか。ふつう、夢はかなってほしいものですが、こればかりは実現しないことを祈るばかりです・・・

ところで、火山ついでなのですが、おととい行った下田のペリーポイントで「火山の根」についての説明書きがありました。なんでも下田にある三角形のおにぎりのような山、「下田富士」というのだそうですが、この下田富士や同じ市内にあって頂上までロープウェイが通っている観光スポット、「寝姿山(ねすがたやま)」は、その昔、やはり火山だったそうです。

ペリーポイントにある「黒船」のいかり

火山の根とは、ようするにマグマそのものなんだそうで、そのまわりの岩や砂が侵食されてマグマ本体が露出したもの。硬い一枚岩になることもあるらしい。そういえば、ウチの近くにある城山(じょうやま)や葛城山もその昔は火山だったらしく、城山などは見るからに、岩一枚でできてまーす、としっかり火山の根っこを主張してます。前にもこのブログで書きましたが、ロッククライミングをする人のメッカだそうで、近くに出かけることがあるときに見上げると、岩肌に張り付いているクライマーを見かけることがあります。

左から富士山、葛城山、城山

ちなみに、下田の下田富士は、伊豆諸島の最高峰で八丈島にある八丈富士、富士山(駿河富士)と合わせて三姉妹であったという民話が残されているそうです。そうすると、城山や葛城山はその親戚かい・・・と突っ込んでもあんまりおもしろくないか。でもまあ、同じ伊豆半島の中でできた火山同士であることには違いなく、お父さんやお母さんではないにせよ、親戚といっても過言ではないわな。

また、その昔、伊豆半島にあちこちにあった火山から噴出し、海底にたまった火山灰や軽石が固まって隆起したものを切り出したものを、「伊豆石」というそうですが、下田の町には伊豆石で作った建物がたくさんあるとのこと。そういえば我が家のお風呂にも伊豆石が使ってあります。ということはウチの風呂も富士山の親戚か。と、わけのわからんことを書いているとお叱りを受けそうなので、今日の火山論議はこれくらいにしましょう。

気がつけば6月ももう中旬。あと半月で今年の前半戦も終了です。今年前半の奮闘は後半戦にどう影響を及ぼしていくのか。本格的な夏が来て暑くなる前の梅雨のあいまにでも、過去に起こった出来事を整理し、今後の展開を見据えることにしましょう。みなさんにとっては、どんな半年でしたか?

ペリーポイントにて